Linux あれこれ
 会社のLinux資格試験対策講座を受講中。試験には直接関係ないかもしれないけど、使えそうなコマンドとかオプションをTIPS的に残しておく。

  • ファイルをコピーするときに、所有権やアクセス権限もそのままコピーする。

       $ cp -p foo.txt /home/foo/

    "-p"オプションをつける。今まで、コピーした後、chownとかchgrpとかをいちいち実行してたので、便利そう。

  • ファイルを移動する際に、移動先に同名のファイルがある場合、そのファイルのバックアップを作成してから、移動を行う。

       $ mv -b foo.txt /home/foo

    こっちは、"-b"オプションをつける。これも、今まで手動でバックアップを作成してたので重宝しそう。


    12/7 追記
     mvに限らず、cp等でもこのオプションは有効らしい。また、バックアップファイルの命名法は"-S"とか"-V"で指定する。以下、JM Projectから引用。
    -S, --suffix=SUFFIX
      バックアップファイルを作る際の添字を指定する。
    -V, --version-control=WORD
      バックアップファイルの命名方法を指定する。
    ただ、GNUのコマンドに限られるらしい。Macにはそんなオプションありませんでした orz

  • リモートホストのファイルをローカルにコピーする

       scp -r ログインID@サーバー名:コピーするファイル/ディレクトリ コピー先のディレクトリ
       $ scp -r foo@testhost:test.txt /home/foo

    FTPでいちいち繋がなくても、 手軽にコピーできる。同時に圧縮もしてくれるオプションがあるみたいだ。

  • Knoppix のデータをメモリにロードしてから起動する

     Knoppixのデータをメモリ上に乗っけてしまってから、ブートさせる事が出来るらしい。実際に動いているのを見たが、普通のLinuxマシンと比べて、遜色のない動きをしていた。ブート時に"toram"を指定してやればいいらしい。


    12/7 追記
     CDのデータを全部メモリに乗っける必要があるので、当然ながらこれをやるには1GB程度のメモリが必要との事。



    12/7 追記
  • コンソールログイン時に、画面を切り替える

     コンソールログイン時(つまりCUIでログインした時)に、複数のコンソールを切り替えながら作業出来る。GUI(X Window)で、ターミナルを複数立ち上げて作業する感覚に似ている。画面の切り替えは

       Ctrl + Alt + [F1-F6]

    F1-F6のどれか押すと、そのキーに対応したコンソールに切り替わる。X Windowが立ち上がってる場合は、F7でXの画面に切り替わる。あまりコンソールで作業する事もないから、使う機会もないかもしれないが・・・



[PR]
by fkmn | 2005-12-06 23:37 | IT
<< 【感想】ハリーポッター アズカ... Apple Store が仙台にも! >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX