【感想】キャッチャー・イン・ザ・ライ
a0057891_1419076.jpgAmazon.co.jp: キャッチャー・イン・ザ・ライ: 本: J.D. サリンジャー,J.D. Salinger,村上 春樹


 J. D. Salinger の「The Catcher in the Rye」の村上春樹訳。ペーパーバック版が出ていたのを見つけたので、読んでみた。

 ストーリーらしいものは一切無い。主人公のホールデンが、高校を退学になってからの数日間の出来事を「君」に語るだけだ。ただし、語るといっても、世の中に対する皮肉や批判といった雰囲気が全体を占める。


 実は、僕は村上春樹の作品が好きではない。「ねじまき鳥クロニクル」や「海辺のカフカ」は読んだ事があるけれど、読んでいると頭がクラクラしてきて気持ち悪くなってしまうのだ。これはもう、彼の意見に賛成できないとかそういうレベルの問題ではなく、感性の問題だ。けど、この「キャッチャー・イン・ザ・ライ」は、翻訳物なので大丈夫だろうと思って手を出してみたのだ。

 甘かった。作品と村上春樹の文体が見事にマッチしているのだ(原著を読んだ事が無いので、本当にマッチしているのかどうかは分からないが(注))。なので、やっぱり読んで気持ち悪くなった。

 ホールデンは、まさに若者らしい視点で世の中を見る。ただし、若者といっても"大人の作った社会に適応できない"若者という但し書きが付く。そして、彼は"社会"に"自分"を適応させようとも、"自分"に合わせて"社会"を作り変えようともしない。ただ毒づくだけだ。ほとんどポジティブな考えが出てこない彼の独白を、僕は好意的にはとらえる事が出来なかった。

 なぜこれが名作として現在まで読まれているのかが分からないが、1950年代の世の中には衝撃的な作品だったんだろうな、と考えて自分を納得させる事にしておく。


注、どうやら村上春樹は、そもそも「ライ麦畑でつかまえて」に影響を受けている作家らしい(松岡正剛の千夜千冊『ライ麦畑でつかまえて』J.D.サリンジャー
[PR]
by fkmn | 2006-07-08 15:10 | 日記
<< もはや YouTube 無しの... Web2.0なオンライン辞書 ... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX