もはや YouTube 無しの生活は考えられない
 最近、テレビを見る時間よりも、YouTube で映像を見ている時間の方が明らかに長い。テレビで番組を見ようとすると、どうしても時間(時刻)にとらわれてしまうが、YouTube なら、気になった時に検索して見る事が出来るからだ。

 なので、昔のダウンタウンのコントとか、ワールドカップ 対クロアチア戦の柳沢のあのプレイとか、10年以上前に制作された自主制作ビデオとか、アメリカでの天才歌姫(なんと11歳!)誕生の瞬間みたいな映像を、最近はよく見てる。既に評価がある程度定まっている(自分の中であれ、世間的なものであれ)ので、テレビみたいに見て損したと思う事も無い。

 今現在の最大の問題は著作権だけど、実は、権利者に取ってはチャンスなんじゃないかとも思う。YouTube には、現在ぐらいの画質での配布を許可してしまって、希望するユーザーは、より高画質な画像を権利者から買う というモデルを作ってしまえば、充分利益が出るんじゃないだろうか? 昔の映像なんて、それこそ放送局が山のように持っているコンテンツなんだから、それを再利用できるようになるなんて、いい話のような気もするんだけど。
[PR]
by fkmn | 2006-07-09 23:55 | IT
<< Effective Java ... 【感想】キャッチャー・イン・ザ・ライ >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX