プログラマーとゲーマーは似ているかもしれないという話
小野和俊のブログ:プログラマーとゲーマーは似ている

 なかなか面白い話。

 大学では生物(というより生化学)を専門にしていた自分が、IT技術者という全く畑違いの仕事をそれなりにやっていけてるのは、プログラマーとゲーマーが似ているから、なのかもしれない。

 「試してみたい欲求」については、同感。

 ゼルダの伝説をやっていて、授業中につまっていた部分の攻略法を思いついて、ものすごくそれを試したくなるもどかしさ、アイディアがうまく行ったときの快感、全然ダメだったときのがっかり感。こういう感覚は、ソフトウェアの開発をしていても感じる事が多い。

# でも、これは大学の研究も一緒かもしれないなぁ。
# ただ、ゲームやソフトウェア開発の場合は、
# 結果が長くとも数時間で出てくるのに対して、
# 研究の場合は1日以上、場合によっては数ヶ月かかる事もざらだったりする。

 「交換可能性に対する嫌悪感」の方は、両者の共通点がいまいち分かりづらかった。日本のRPGは、プレイヤーが自分である必要性を感じない、ってことであってるのかな?

 僕がセガのゲームが好きな理由は、実はこの部分にあったりする。つまり、ゲームの主体は、あくまでプレイヤーにあるという、そういう文化。

 例えば、「バーチャファイター」。カードを使っていればの話だけど、キャラクターの名前と合わせてプレイヤーの名前が表示される。ゲームの主体は、画面の中のキャラクターじゃなくて、そのキャラクターを動かしているプレイヤーですよ、という姿勢が個人的には嬉しかったりする。

 もう一つ例を挙げると、「頭文字D」。普通のメーカーが作れば、プレイヤーはマンガの主人公の拓海になって、マンガ通りのストーリー展開をするというゲームになるはず。でも、セガが「頭文字D」を作ると、プレイヤーはプレイヤー自身として、拓海たち走り屋と勝負するというゲームになる(ただし、PS2版には、マンガ通りのストーリー展開をするモードがある)。

 これが任天堂になると、プレイヤーの入り込む隙間は全くない。ゲームの主体は、マリオを動かしているプレイヤーではなくて、あくまでマリオ自身という事になる(いや、任天堂のゲームも好きなんだけどさ・・・w)。


 というわけで、今はこのゲームをやってたり。
a0057891_153794.gif
 ソニックだって、ゲームの主体はソニックじゃねぇか、という突っ込みは不可w。そのうち感想書きます。
# なんか、結局、ゲームの話ばっかw
[PR]
by fkmn | 2006-10-09 23:10 | 日記
<< Google が YouTub... 10/7 のサイエンスZERO >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX