【書評】電脳社会の日本語
a0057891_235228.jpgAmazon.co.jp: 電脳社会の日本語: 本: 加藤 弘一

『電脳社会の日本語』サポートページ

 「404 Blog Not Found」さんの下記エントリーで取り上げられていたので、読んでみた。
 日本語の文字コードが何故今のような形になっているのか。その理由と歴史的経緯についての本。文字コード成立に関わる技術的、政治的な紆余曲折に関する話は、お話として読んでも面白い。

 よくよく考えてみると、現在では、コンピュータを介さずに日本語を読む機会が、ほとんど無くなってしまったことに気づく。こういう状況が許されるのも、先人の努力の賜物なのだなぁ、と感謝したくなる本。
[PR]
by fkmn | 2007-01-20 23:25 | 読書記録
<< 「NHKスペシャル|グーグル革... 優秀な研究者はイベント・ドリブ... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX