僕があるある「ねつ造」問題に大きな不快感を感じる理由
 今更だけど、「発掘!あるある大事典II」のデータねつ造問題に対して、僕が考えている事について。

 当たり前だけど、この手のねつ造は許してはいけない。ネットの一部(ブログ等)では、「騙される奴が悪い」という意見も見られるけど、全くの筋違いだ。

 そもそも、人間というのは騙されやすい生き物だ。「人の嘘を見抜けなかった事は無い」という人はおそらくこの世に居ないだろうし、専門家同士の間でも、データをねつ造されたら、それを見抜くのは相当に難しい。信用しきっているものに嘘をつかれたら、その嘘を見抜く事はほとんど無理だろう。

 結局のところ、今回の事件に関して、僕が不快感を感じる理由はそこである。信用しきっている人間を騙した(騙している)というところ。一言で言えば「卑怯」だからだ。人の良いお婆ちゃんがこつこつと貯めてきた貯金を、口八丁手八丁で巻き上げる詐欺師のような、そんな印象を持ってしまう。

 ネットの普及で価値が相対的に低下してきたとはいえ、テレビに対する信頼というのは、なんだかんだ言ってとても大きい(もっとも僕はあまり期待してないが)。そのような大きな信頼を裏切った組織は、きちんとした制裁を受ける必要があると思う(「ショック療法」的な経営改善策への期待も含めて)。雪印と不二家は、そのような制裁を受けた(受けようとしている)。関西テレビも同じように、一度頭を冷やすべきだと思う。「SMAP×SMAP」が終わっても、視聴者は誰も困らないでしょ。・・・いや、そんな事無いか。ここが一番の問題点だな・・・。
[PR]
by fkmn | 2007-01-31 23:34 | 日記
<< 【書評】日本を創った12人 謎の大量アクセス >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX