思考のハードウェア化
登 大遊@筑波大学情報学類の SoftEther VPN 日記
コンピュータの前に座って、キーボードの上に両手を置けば、後はあまり考える必要はない。自動的に手がキーボードを打ち、プログラムを入力して完成させてくれる。この処理は一切、論理的思考では行われていないので、途中で論理的思考を行うことは厳禁である (作業の邪魔になる)。ひたすら何も考えない。

スイッチの切り替えを意識する - まちゅダイアリー (2007-03-26)
(「www.textfile.org」さん経由)
同じことを繰り返すことで、考えなくてもできるようになる。スポーツ選手と同じで、いわゆる「身体で覚える」ってことかな。
最初に頭を使ってやることをパターン化しておき、その後は決めたことを淡々とこなすという。その後、また頭を使ってやったことを確認し、次に繋げていく。このスイッチの切り替えの波が、心地よく感じる。

 なるほど。勉強になります。これからは、スイッチの切り替えを意識していこう。

 以下、余談。
 登さんには遠く及ばない自分だけど、僕も同じような感覚に陥るときがある。設計が確実に出来ているときのコーディングは、確かに頭を使っている感覚はない。ひどい(?)時には、半分寝た状態でキーボードを打っている時もある。そういう感覚のときは、頭の中を抽象的な設計概念が頭の中をグルグル回っていて、夢を見ているような気分でさえある。で、「おぉう、ヤベヤベ、寝ちゃったよ」と我に返ってふとディスプレイを見てみると、何故か仕事が進んでいると。自分の中では、これを「小人さん状態(*)」と呼んでいるが、そういう状態になったのは、今まで数えるほどしかない。

 ちなみに、当然ながら、本当に眠いときは、あとで泣きたくなるくらい仕事は進まない。

* 小人が、勝手に仕事をやってくれたような感覚なので。
[PR]
by fkmn | 2007-03-28 23:08 | 日記
<< SI業界トップの意見の変化 バイオで IT な仕事に就きた... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX