【感想】 「生きている」を見つめる医療——ゲノムでよみとく生命誌講座
a0057891_0261024.jpg
Amazon.co.jp: 「生きている」を見つめる医療——ゲノムでよみとく生命誌講座: 本: 中村 桂子,山岸 敦

 なんだか、読んだ本の感想を書くのも久しぶり。別に本を読んでいなかったわけではなくて、なんとなく書きそびれていただけなのですが。というわけで、最近読んだ本書の感想をば。

 本書は、現代に暮らす私たちにとって、「生きる(暮らすとか生活すると言った方が良いかもしれない)」とはどういう事かを、生命科学を軸に、あらためて考えさせてくれる。

 決して、科学礼賛とか、または逆に科学を糾弾するような内容ではない。今までに明らかになっている科学的知見が、どのように私たちの生活(医療)に関わってくるか、また医療にとって、科学の進歩以上に大切なものはなにか、ということを冷静な視点で語ってくれる。

 そして、文章も非常に読みやすい。多少専門的な話が出てくる場面でも、それを専門的だと感じさせない文章の妙がある。

 本書は、元々医学部の新入生向けに書かれたとのことだけど、それがこういう形で一般の人たちにも広く読めるようになっているのは、とても喜ばしい。「生きている」以上、医療というのは私たちに必ず関わってくる問題なわけで、医学部の学生だけではなく、「生きている」すべての人にお勧めしたい一冊。
[PR]
by fkmn | 2007-04-18 23:10 | 読書記録
<< 東京タワーに登ってきた RubyKaigi2007 の... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX