【感想】My Job Went To India

Amazon.co.jp: My Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイド: 本: Chad Fowler,でびあんぐる

 「プログラマーかくあるべし」、・・・いや、そんなのんびりした感じじゃないな。「プログラマーとしての生き残り術」、そんな感じだろうか。

 本書は、筆者のインドでのオフショア開発現場での体験を元に、フラット化の進むソフトウェア開発業界で、ソフトウェア開発者が生き残るための方法を説明したもの。全部で52の小さな話題からなっていて、それらは、以下の4+2の章に分かれている。
  1. 市場を選ぶ
  2. 製品に投資する
  3. 実行に移す
  4. マーケティング
  5. 研鑽を怠らない
  6. 勝てないならば

 各話題の最後には、「今すぐ始めよう!」という部分があって、どう行動すべきかについても、具体的なアドバイスがある。この本に書いてある事をすべて実践するのは、正直大変そうだけど、いくつかは取り組んでみたいと思う。

 個人的に印象に残ったのは「8 一番の下手くそでいよう」という話題。やっぱり、成長のためには、自分をそういう環境におくのが重要だと思う。どっかで見つけないとな、そんな環境。
[PR]
by fkmn | 2007-04-24 23:22 | 読書記録
<< SICP再開に向けて emac... Java の新人教育講師をやっ... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX