SICP再開に向けて emacs + gauche の環境を整えた
 情報処理試験とか、Java の講師とかが終わって一段落したので、中断していた SICP を再開する事にした。

 いままでは DrScheme (Mac版) を使っていたんだけど、日本語を On にしたままで「実行」したりすると、ソフトが暴走して、ソフトを強制終了しなきゃいけないのがとても面倒くさかった。

 で、せっかくなので、emacs から Scheme を使えるように環境を整え直した。といっても、手順的には以下のような感じで、大した事ない。


1、Scheme 処理系のインストール
 Gauche をインストールした。ダウンロードページからソースを落としてきて、手順通りにコンパイルしてインストール。


2、Emacs の Scheme-mode で gauche を使うように設定
 以下の設定を .emacs に追加
(setq scheme-program-name "gosh")
(require 'cmuscheme)

(defun scheme-other-window ()
"Run scheme on other window"
(interactive)
(switch-to-buffer-other-window
(get-buffer-create "*scheme*"))
(run-scheme scheme-program-name))

(define-key global-map
"\C-cS" 'scheme-other-window)


3、Shceme-mode を使う
C-c S     別ウィンドウで gauche インタプリタが起動する。
C-c C-l     Scheme file のロード
C-x C-e     直前のS式を評価
M-C Space     カーソルの次のS式をマーク
M-C-a     カーソルを含むトップレベルのS式の先頭へ移動
M-C-e     カーソルを含むトップレベルのS式の末尾へ移動
M-C-f     次のS式へ移動
M-C-b     前のS式へ移動
M-C-t     カーソルの前後のS式を交換

 特に、上の3つはよく使う。S式の単位で評価できるので便利。やっぱ Emacs いいわ。

参考サイト:Kahua HEAD|eg|emacs
[PR]
by fkmn | 2007-04-25 23:46 | IT
<< 常識を越えるサービスは、常識に... 【感想】My Job Went... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX