「バイオインフォマティクス技術者認定試験」復活
Japanese Society for Bioinfomatics - 平成19年度バイオインフォマティクス技術者認定試験
「バイオインフォマティクス砂漠」経由
平成19年度より新たに日本バイオインフォマティクス学会の主催で「バイオインフォマティクス技術者認定試験」を実施することになりました。

 平成18年度で終了したバイオインフォマティクス技術者認定制度が、JSBiの主催で復活するらしい("復活"という言い方は、もしかしたら正しくないかもしれない)。

 ただ、5000円の受験料(以前の半額)で試験の運営ができるのかが、若干不安ではある。前年度の受験者数が175人(資料(PDF))なので、今年度もほぼ同数の200人が受験すると仮定すると、100万円しか入ってこない事になる。これで、問題作成、会場と試験当日の運営スタッフの確保、採点、受験票と合格証の発行、等々 をこなすのはかなり大変そう。

 むしろ、受験料を下げるよりは、試験の難易度を上げた方が良いのではないだろうか?合格率が75% (←計算して、ビックリした(笑)) の試験なんて、リピーターは減るわ、価値が無くなるわで、主催者と受験者の双方にとって良い事ない気がする。
[PR]
by fkmn | 2007-07-28 23:19 | ライフサイエンス
<< 【感想】生物と無生物のあいだ SQL Hacksを予約注文した >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX