鶏口となるも、牛後となるなかれ
ぼくが大企業のえらいおじさんたちからおしえてもらったこと。
えらいおじさん達がその大企業に就職した当時はまだ屈指の企業ではなかったこと。

いま稼ぎ頭になっている事業は影もかたちもなかったこと。

有名な大学にいってあたまをさげて優秀な人材をあつめたこと。それでも門前払いをされたこと。

 つまり、そういう事なんだよなぁ、と一人で納得、目から鱗。

 この手の話は実際に面と向かって聞く事もあるんだけれども、それが今、自分の中で繋がったというか、なんというか。

 変化の激しい時代だから、とか、ネットが発達したから、とかいう枕詞に続いて、「だから大きな組織に属していれば安心な時代は終わった」という主張はよく聞くけれど、別にそれは今の時代に限った事じゃないだろ、と。

 このエントリーのタイトルのような故事成語までもが存在しているわけだし。


 上の(自分の)文章を読み返してみると、あんまりまとまっていない気がするけれど、個人的にはすっきりした。
[PR]
by fkmn | 2007-08-07 23:28 | 日記
<< Emacs で C-- とか M-- ソフト開発は人の為ならず >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX