【感想】フューチャリスト宣言
Amazon.co.jp: フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656): 本: 梅田 望夫,茂木 健一郎

 刺激的な本だが、この本に刺激を受けるのは危険だと思う。

 ネットの進化による未来の可能性。二人が主張していることは納得できるし、僕も同じような期待を持っている。自身の主張を、身をもって示そうとしている二人をぜひとも応援したい。

 けれど、二人の話をまともに受けすぎるとケガするな、とも思う。例えば、大学はもう終わっている、という話が出てくるけど、これを真に受けて大学に行くのを辞めるには、今はまだリスキーな時代だ。もちろん、徐々に副業で稼げる人が増えていくようになるんだろうとは思うんだけど。


 それから、蛇足かもしれないけど、二人があんまりシンクロしすぎているのも、読んでいてあまり面白くない部分だった。テレビの中で盛上がっている芸能人同士の内輪話を眺めているような、そんな印象を、読んでいる途中のところどころで感じた。
[PR]
by fkmn | 2007-08-29 23:47 | 読書記録
<< 【感想】WEB+DB PRES... 札幌に行ってきます >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX