【感想】NHKスペシャル 人事も経理も中国へ

製造業の分野では続々と生産拠点を中国へ移し、コストダウンを図ってきた日本企業。そして今、人事や経理などホワイトカラーの仕事までもが次々に中国へ移っている。

NHKスペシャル|人事も経理も中国へ


 9/3 の放送を見逃したので、再放送で見ました。

 いや、凄い内容でした。思わずメモをとってしまったので公開します。メモ内容には間違ってる部分もあるかもしれないので、ご注意を。それから、自分用にまとめてあるので、放映順に並んではいません。




・ニッセンのアウトソーシング
 - 既に中国へアウトソーシング済みの業務
  ・注文はがきの処理 => 画像を大連へ送って、DBに入力
  ・返品処理の苦情処理 => 苦情のメッセージの中国人労働者がDBに入力
   *経理40人分、人事50人分の仕事を中国へアウトソーシング

 - 新たに、総務の仕事をアウトソーシングする事に
  -> 今までプライドを持ってやってきた仕事を否定されたように感じる社員
  -> 明らかに不快感を示す総務一筋21年の社員

  *アウトソーシングにより、86%のコストダウン
   (時給5500円 -> 760円)

 - 総務の仕事のうち、リース車両の管理他6つの業務を中国へ
 - 中国社員の研修、実地テストの後、正式に業務を移行
  *不明な点(「パワステ」のような略語)は、
   辞書やインターネットですぐに調べる事が出来る

 - アウトソーシングにより仕事の減った社員は、別の仕事をやる事に
 - 一方で、退職者も増えた(15人のうち3人)


・インフォデリバ社(大連)
 - 給与計算や人事データの登録などの人事の仕事を請け負う
 - 業務をマニュアル化する事で、未経験の中国人でも作業が可能に
 - アウトソーシング により 30% のコストダウンになる

・事務仕事を海外へアウトソーシングしている日本企業は2500社にのぼる

・日本IBM
 - アウトソーシング
   経理 -> マレーシア
   人事 -> フィリピン
   購買 -> 中国
 - 余った社員は他の部門へ
 - 派遣社員の数が削減された

 - 蓄積したノウハウを元に、アウトソーシングの請け負い業務を展開
  -> ソフトバンクモバイルの経理業務のアウトソーシング
    (徹底したマニュアル化、例外の廃止)




 最初はアウトソーシングに大してかなり渋い顔をしていた総務一筋のオジサンが、研修に来た中国の社員の仕事っぷりに表情を変えて、最後の方では、自分もいい表情で仕事していたのが印象的でした。

 自分がプライドを持ってやってきた仕事が、他人にも出来ると面と向かっていわれるのは確かにショックかもしれないけど、それによって別の仕事分野を開くきっかけになるのであれば、悪い話ばかり、というわけでもないのかもしれない。
[PR]
by fkmn | 2007-09-27 23:51 | 日記
<< Rubyの資格認定試験 SICP 2.4 まで終了 >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX