Ruby のハッシュは、キーが存在しない場合のデフォルト値を変更できる
 Programming Ruby を始めから読んでいると、今まで知らなかった事がちょこちょこ出てきて面白い。

 一番面白かったのは、Ruby では、ハッシュキーが存在しない場合のデフォルト値を変更できる事。

 なにも指定しない場合は、ハッシュキーが未定義の場合は、nil が返ってくる。

hash = { }
p hash.has_key?(:foo) #=> false
puts hash[:foo] #=> nil

 空のハッシュを作成する時にデフォルト値を指定すると、未定義のキーに対しては、その値が返ってくる。

hash = Hash.new(0)
p hash.has_key?(:foo) #=> false
puts hash[:foo] #=> 0
hash[:foo] += 1
p hash.has_key?(:foo) #=> true
puts hash[:foo] #=> 1

[PR]
by fkmn | 2007-11-27 23:55 | IT
<< iKnow! に登録してみました 今日は TOEIC、来週は R... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX