XPath がちょっと面白くなってきた
WEB+DB Press の amachang さんの XPath の記事を読んで、いままで、なんとなーく避けてきた XPath がちょっと分かってきた。

たとえば、次のような (X)HTML の要素があったとする。


<a href="./?page=2">next</a>
<div>
<ul>
<li>foo</li>
<li>foo</li>
<li>foo</li>
</ul>
</div>
<a href="./?page=2">next</a>

 ここで、2番目の li要素が欲しい、と思っても CSSセレクタだとちょっとつらい (CSS3 だと、nth-child を使う事で可能みたいですが)。

 ところが、XPath を使えば //li[2] と書くだけで要素が指定できる。

 2つある next という a要素のうち、下の方だけを指定したいという場合も簡単(AutoPagernize を使っていると、結構こういう場面があったりする)。
(//a[text() = "next"])[last()]

テキストノードが "next" の要素を指定したあと、一度括弧でまとめているのがポイント。

または、これでもOK。
(//a[@href = "./?page=2"])[2]

いろいろな書き方が出来るところも面白い。

ということで、最近は、XPath Finder を使わせてもらって、適当なサイトの要素を指定して遊ぶのがマイブームだったりします。
[PR]
by fkmn | 2008-01-07 00:40 | 日記
<< 【感想】ビッグバン宇宙論 あけましておめでとうございます >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX