Scheme-mode で C-cC-l した時に自動でファイルを保存させるようにした
 Emacs の Scheme-mode で C-cC-l でファイルをロードする時に、ファイル(buffer)が編集中だと、いちいち保存の確認をされるのがウザかったので、そういう時は、自動でファイルを保存するようにしてみた。

 ということで、cmuscheme.el を以下のように変更。
# 僕の環境(Mac OSX の Carbon Emacs)では、
# /Applications/Emacs.app/Contents/Resources/share/emacs/22.0.97/lisp/
# に格納されていた。)

*** cmuscheme.el.orig 2008-01-24 00:03:32.000000000 +0900
--- cmuscheme.el 2008-01-24 00:25:24.000000000 +0900
***************
*** 436,446 ****
--- 436,453 ----
`scheme-compile-file' command. Used for determining the default
in the next one.")

+ (defcustom cmuscheme-always-save-buffer t
+ "*Non-nil means save the current buffer without asking before loading a file."
+ :type 'boolean
+ :group 'cmuscheme)
+
(defun scheme-load-file (file-name)
"Load a Scheme file FILE-NAME into the inferior Scheme process."
(interactive (comint-get-source "Load Scheme file: " scheme-prev-l/c-dir/file
scheme-source-modes t)) ; t because `load'
; needs an exact name
+ (if cmuscheme-always-save-buffer (save-buffer))
(comint-check-source file-name) ; Check to see if buffer needs saved.
(setq scheme-prev-l/c-dir/file (cons (file-name-directory file-name)
(file-name-nondirectory file-name)))


で、使う場合は、.emacs に以下の設定を追加する。

(setq cmuscheme-always-save-buffer t)


 "cmuscheme-always-save-buffer" という変数に true が設定されていると、C-cC-l 実行時に自動でファイルが保存される。nil が設定されている場合は、元のとおり、ファイルが保存されていない場合は確認してくる。

 と、まぁ、こんな感じにしてみました。
[PR]
by fkmn | 2008-01-23 23:55 | IT
<< Perl の reduce (... SICP リベンジ >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX