「ほっ」と。キャンペーン
「です・ます」調と「である」調

 書きやすさで言えば、圧倒的に「である」調の方が書きやすい。「です・ます」調だと、語尾がほぼ必ず「です」か「ます」になってしまって、文章が単調になりがち。それに対して、「である」調だと語尾がある程度自由なので、単調な文章にはなりにくい。

 でも、だからこそ、「です・ます」調で書くとごまかしがきかないので文章力が付きやすい、という話をどこかの本で読んだ気がする。その言葉を真に受けて、僕も、一時期、このブログの文章を「です・ます」調にしてみた事があった。けれど、自分の家なのにくつろげないような、妙に落ち着かない感じがしてしまって、やっぱり止めてしまったのを覚えている。

 ブログに限れば、基本的には、どっちを使おうが大差は無いんだろう。ただ、エントリ内では、統一されてた方が良いんだろうな。出来れば、そのブログ全体で統一されてるのが望ましいんだろうけど、それは僕には難しい。
[PR]
by fkmn | 2008-03-03 23:55 | 日記
<< gauche.night 行ってきた 【感想】アジャイルプラクティス... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX