【感想】Unix/Linuxプログラミング 理論と実践
Unix/Linuxプログラミング理論と実践
Unix/Linuxプログラミング理論と実践

 勢いで買ってみたものの、C言語がよくわからなくて K&R から始めたりするなどの紆余曲折を経て、やっと読了。長かった・・・。振り返ってみると 6月初めにこの本を買った って昔の僕が言ってるので、かれこれ半年ほどの付き合いだったらしい (まぁ、ずっとこの本読んでたわけではなくて、途中でいろいろ浮気してたので、これだけかかったってのもあるけど)。

 読み終わってみると、プロとして Unix/Linux と付き合うにあたって、最低限この本に書いてあることぐらいは把握するべきだと思う。書こうと思えば、ls とか who とかのコマンドにかぎらず、シェルまで書ける、という感覚は結構重要。

Unix プログラミングはあなたが思うほど難しくはないが、最初に想像したほど優しくもない
p. 49
まさにこのとおり。
[PR]
by fkmn | 2008-10-28 23:55 | 読書記録
<< 【感想】ゲノムを支配する者は誰... GitX - Mac用 Git... >>


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX