カテゴリ:IT( 162 )
C# 始めました
新しいプロジェクトで 、僕が今まで一行も書いた事が無い C# を使う事になったとさ。
<del>Java+Perl/Linux な Webアプリケーションのすぐ後で、 C# な Windows アプリケーションを作る事になった僕の専門性はいずこへ・・・? </del>

ということで、言語仕様をよく理解しないうちに開発を始めるわけにも行かないので、とりあえず手当たり次第に本を買ってみた。

a0057891_0244686.jpg

冷静に考えてみると、ちと買いすぎた気がしないでもない・・・。しかも、C# に関係ない本が混ざったりしてるのは、気のせいだよな、うん。

とりあえず「C#エッセンシャルズ」は読み終わったので、明日あたりまとめる予定。
[PR]
by fkmn | 2009-04-04 23:55 | IT
Perl の bless って
 1引数で書くことができるのか。初めて知った。

5 sub new {
6 my $c = shift;
7 bless $c;
8 }

33 my $human = Human::new({'name' => 'ビンゴ',
34 'age' => 1,
35 'bag' => {}
36 });
第31回 Perlでオブジェクト指向を書こう
 この書き方の問題点は二つあります。まず、コンストラクタを Human::new のように静的呼び出ししていること。もう一つが、blessを1引数で使っていることです。

blessは2引数で - a geek

 ただ、いろいろと問題があるようなので、実際にこういう書き方をすることは無いだろうな。
[PR]
by fkmn | 2009-01-26 23:55 | IT
Merb が Rails に merge されるとな!?
まだ、ちゃんと内容をチェックしきれてないんですが・・・

 Rails は、怒濤のように状況が変化するのが面白いは面白いんだが、お仕事に使いたい人間としては、もうちょっと落ち着いてくれてもいいんじゃないかと思う次第。

 Rails 3 リリース以降も Rails 2.X 系がメンテされれば問題は無いんだけど。
[PR]
by fkmn | 2008-12-24 23:55 | IT
Yokohama.pm #3 に行ってきた
 Yokohama.pm テクニカルトーク #3 に行ってきました。
 横浜在住横浜勤務の身としては、第一回から参加したかったのですが、仕事で都合が付かず、今回やっとの参加。

 今回一番面白かったのは、typester さんのライブコーディング。普通の発表という形態ではなかなか浮き上がってこない細かいノウハウが見られて、いろいろと勉強になりました。

 本編の後は、懇親会へ。
 perlcodesample さんの近くの席だったのですが、冒頭で「更新頻度が異常」などと失礼なことを言ってしまった気が・・・。あくまで褒め言葉ですので、許してやってください。
 他にも、kazuho さんが、自分の左隣に座っていたにもかかわらず、会の最後の方まで全く気づかなかったりと。
 とまぁ、個人的に若干やってしまった感のある懇親会でしたが、普段の職場ではあまりできないような Perl (やその他もろもろ) の話ができて楽しかったです。

 次回も参加できるといいな。
[PR]
by fkmn | 2008-11-29 22:23 | IT
0〜1000に含まれる0をカウントする (Perlで)
練習 - krystal: プログラミング超初心者(文系) - Rubyist
0〜1000に含まれる0をカウントする - ’(rubikitch wanna be (a . lisper)) 経由)

perl -e "print(join('', 0..1000) =~ tr/0/0/)"  #=> 193

 Perl だとこんな感じかな?

 学んだこと
[PR]
by fkmn | 2008-11-13 22:45 | IT
Imager かわいいよ Imager
 ディレクトリ中のjpgファイルの画像サイズを小さくするスクリプト。デジカメの画像サイズがやたらでかかったので、書き捨て用に作成。


use strict;
use warnings;
use Imager;

my $img = Imager->new;
my $regex = qr/(^RIMG\d{4})\.JPG$/;

opendir my $imgdir, '.';
my @files = grep { /$regex/ } readdir($imgdir);
closedir $imgdir;

for my $file (@files) {
$file =~ /$regex/;
$img->read( file => $file ) or die $img->errstr;
$img = $img->scale( scalefactor => 0.3 );
$img->write( file => $1 . '_small.jpg', jpegquality => 100 )
or die $img->errstr;
}


 それにしても Imager は良い。画像の取り扱いが非常に楽。簡単な画像処理系のお仕事は、これ一つで間に合っちゃいそう。
[PR]
by fkmn | 2008-11-08 23:55 | IT
GitX - Mac用 Git GUI
Git リポジトリを視覚化するツール「GitX」 - kwatchの日記
GitX

 Mac上の gitk は遅くて使い物にならないんだけど、この GitX は動作が軽快で結構よさげ (使い込んだわけじゃないので、まだちゃんとした評価はできないけど)。

 ま、でも、基本的にコマンドラインで十分だと思うんだよなぁ。コミットの流れを見るときは、GUI の方がもちろん便利だとは思うけどね。

a0057891_1375763.jpg

a0057891_138599.jpg

[PR]
by fkmn | 2008-10-23 23:55 | IT
Shibuya.lisp テクニカルトーク#1 行ってきました
 行ってきました Shibuya.lisp TT #1。普段なかなか聞けないような濃い話が聞けて楽しかったです。

「mitamex4u さんの L4U」
 いろんな機能てんこもりですごい。構文等の部分の工夫もいろいろと面白くて、触ってみたくなる処理系。オープンソース化が楽しみ。

「藤田さんの VM の実装話」
 CPU 周りについての知識が無いと、ちゃんとした最適化はできないんだなぁ、などと思いながら聞いてました。「CPU とかのハードウェア周りを知っておかないと伸びないよ」という忠告をされたばかりなので、ここらで CPU の勉強でもしてみたいんだけど、どういうもので勉強すればいいんだろ?ググったら、この本 (Amazon.co.jp: CPUの創りかた: 渡波 郁: 本) が出てきたんだけど、なにか他に定番 (というかバイブル) 的なものはないのかな?
 

 懇親会でも、いろいろな方と話させていただきました。第2回があれば、ぜひとも参加したいです。
[PR]
by fkmn | 2008-10-19 23:55 | IT
久しぶりに「どう書く?org」に投稿した
タブ区切りデータの処理 どう書く?org
タブ区切りのデータを読み込んで操作をし書き出す方法を教えてください。読み込み・書き出しの方法は任意とします。

与えられるデータは:

* レコードの区切りは改行、カラムの区切りはタブです。
* 最初のレコードはヘッダで、カラムの名前が書いてあります。
* それ以降はデータで、第1,4カラムは整数値、第2,3カラムは文字列値です。

この入力データに対して以下の操作をしたものを書き出してください:

* 第1カラムの値でデータを昇順にソートする。
* 第2カラムと第3カラムをヘッダを含めて入れ替える。
* 第4カラムの値にそれぞれ1を加える。


どう書く?org 7740
require 'csv'

rows = CSV.parse(STDIN.read, "\t")
rows[1], rows[2] = rows[2], rows[1]
result = []
result << rows.shift
rows.sort_by{ |r| r[0] }.
inject(result) { |a, b| b[3] = b[3].to_i + 1; a << b }.
each { |r| puts r.join("\t") }

[PR]
by fkmn | 2008-10-03 23:55 | IT
LL Future 行ってきた
 LL Future 行ってきたよ!11時間という長丁場をがんばってくださったスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

 ちなみに、チケットをなくして (しかもTシャツ付きの方) 当日券を買い直したことはここだけの話 (こんな間抜けは俺だけだろうなーとおもってたら、仲間発見)。なかのZERO と中野サンプラザと間違えて、そっちの方に行ってしまったのも内緒 (さすがにこっちは、仲間が見当たらなかったw)。

 当日のログは以下のみなさんのエントリが詳しいです。
 以下は、僕の感想。

基調講演

 YAPC の基調講演とほぼ同じで、Perl6 の内部や新機能の話。YAPC の時も思ったけど、時間さえ許せば、Larry は一日中 Perl6 の話をしていられる (していたい?) んじゃないだろうか。話が進むにつれ、Larry の言葉にどんどん熱がこもってくるのを見ながらそんなことを思った。

LL で未来を発明する

  • 100年っていうのは、発表者側にとっても、聴衆側にとっても、ちょっとぶち上げ過ぎだったかなぁ。
  • テーマそのものよりも、後半の「言語実装者」対「言語設計者」という流れの中でのトークの方が面白かった。
  • 松本さんの「フラクタルなプログラミング言語」という言葉が琴線に触れた。システム開発っていうのはフラクタルな一面があるわけだけれども、その一連の流れを一つの言語環境で一貫して開発できるようなのが実現すると面白いかもしれない。

サイコー!?フレームワーク

  • なぜみんなそんなに Java を嫌うのか?w
  • さすがに業務アプリ畑の人だけあって、ひがさんは、現場の状況をきちんとふまえて Seasar の開発をしているようだ。ひがさんの発言の一つ一つに明確な方針やリーダーシップが現れていて、かっこ良かった。ほれた。

LL でアート

  • 僕も「Lightweight Language」よりも「Dynamic Language」派。Rubyみたいな言語が「軽量」って呼ばれることに、僕は違和感を覚えるんだけど、みんなはそうじゃないんだろうか?
  • なんかスゲー、という曖昧な感想しか出てこない、アートに対する語彙の少ない私。
  • ビジュアルプログラミング環境はメディアアートの世界では結構使われているらしい。

キミならどう書く?

  • 今回のセッションの中で、進行が一番スムーズだった気がする。
  • 発表者の個性がそれぞれ目立っていて面白かったが、やっぱりプロゴルファー浜地さんのキャラが際立っていた。

古い言語、新しい言語

 ちょっと一つのセッションの中に詰め込みすぎた印象。ECMAScript 関係の話と LLVM 関係の話でくっきりと分けて、二部構成のような形にしても良かったんじゃないかしら。

ライトニングトーク

 いくつか気になったのをピックアップ
  • Client-side database storageで実際にアプリケーションを作成してみた: 藤井太洋(e-frontier)
    • HTML5 でそんなのが提唱されてるのか。ただ、発表直前に仕様変更が入ったとかで、まだちょっと不安感が残る感じ。でも、面白そう。
  • Scilabで数値計算: Y.Sawa(東京大学大学院)
    • MATLB ライクな言語らしい。初めて聞いた。コンテストの参加者が少ないってことは、ユーザ数もそんなに多くないんだろか?

[PR]
by fkmn | 2008-08-30 23:55 | IT


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX