「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ゲーム( 33 )
【感想】リズム天国ゴールド
リズム天国ゴールド
Amazon.co.jp: リズム天国ゴールド: ゲーム
リズム天国ゴールド (公式サイト)

 やっと、全ステージでメダル獲得。でも、全ステージでパーフェクトまでの道は遠い。

 いわゆる音ゲーの一種なんだけど、リズム (音楽) とゲーム性のバランスがとれていて面白い。コナミ系の音ゲー (ビートマニアとか) は、高難易度+音楽志向に走ってしまってついていけなかったけど、リズム天国は全然そんなところがない。1ステージあたりの時間も短くて、ちょっとした合間に気軽にできるのも良い。

 というか、最近、めっきりヘビーなゲームをしなくなったなぁ。年かな・・・。
[PR]
by fkmn | 2008-08-10 23:55 | ゲーム
たまにはゲームの話でもしようか
 ここ最近、自分の中でゲーム離れが進んでいて、いつの間にか好きなシリーズの続編が出ていたりするので、備忘録も兼ねて、最近気になるゲームの話。

剣と魔法と学園モノ。

剣と魔法と学園モノ。 特典 描き下ろし大判下敷き付き 「世界樹」にインスパイアされた匂いがプンプンする。だがそれがいい。発売後の評判を見て、買うかどうか決める予定。

ソニックラッシュアドベンチャー

ソニック ラッシュ アドベンチャー 去年の10月に発売されてたらしい。全然知らんかった。「前作からの正当進化」という意見を始めとして好意的な評判が多かったので、これは迷わずに注文。

428

 「街」の続編らしい。今更続編も何も無いだろ・・・、という気もするけど、やっぱり気になる。とりあえずチェック。
[PR]
by fkmn | 2008-05-25 23:55 | ゲーム
世界樹の迷宮II が届いた
世界樹の迷宮II 諸王の聖杯 特典 オリジナルサントラCD「古代祐三~世界樹の迷宮II ピアノスケッチver.~」付き
Amazon.co.jp: 世界樹の迷宮II 諸王の聖杯
世界樹の迷宮II 〜諸王の聖杯〜 (公式サイト)

 Amazon で注文していた「世界樹の迷宮II」が届いた。しばらく、ゲームをやってなかったんだけど、久々にニンテンドーDS を起動する事になりそう。

 ホント、このゲームみたいに「いつ全滅するか分からない」という緊張感の中で、未開のマップを自分の足で踏みしめながら、徐々に世界が広がっていくのを楽しむ感覚は、なかなか他のゲームでは味わえるもんじゃない。

 最近のヌルゲーに辟易している人には、マジでお勧めの作品(というか、II はまだやってないのに、何をお勧めしてるんだろう?w)。
[PR]
by fkmn | 2008-02-21 23:55 | ゲーム
【感想】勇者のくせになまいきだ。
勇者のくせになまいきだ。
勇者のくせになまいきだ。™ (公式サイト)
Amazon.co.jp: 勇者のくせになまいきだ。: ゲーム

 久々に新鮮な気持ちで楽しめた。ダンジョンを作って侵入者を撃退するというコンセプトには前例(ダンジョンキーパー仙窟活龍大戦カオスシード、etc.)があるけれども、そこに導入された生態系の概念と執拗なネタのオンパレードが、もう楽しくて仕方がない。

 まずは生態系の部分。この手のシミュレーション的ゲームって、ついつい構築しているものが停滞しがちなんだけど、このゲームにはそれがない。ダンジョンの状況がつねに変化し続ける動的平衡の状態にあって、シミュレーションゲームにはなかなか無い緊張感を味わえる。

 それから、ネタ要素について。ネタをネタとして理解できない人には面白くないだろうが、逆に分かるとメチャクチャ面白い。個人的には、トレーニング07の「ドラゴンバスターバスター:くらえ かぶとわり!」がツボにハマって、なんだか訳の分からない涙が出てきた(笑)。このゲームがどのくらいネタまみれなのかについては、元ネタの一覧を見てもらえると分かるかと。

 ちゃんとこういう挑戦的なゲームを出して来れるあたり、PSPもまだまだ捨てたもんじゃないなと再認識。体験版も無料で配布されているので、気になる人は、こっちを先に遊んでみてもいいかも。ネット環境さえ整っていれば体験版を手に入れられるのも、PSPがDSに一歩先んじている所だと思う(DSだと、体験版の入手にはWiiが必要)。

 PSPの今後に期待を持たせてくれる一作だった(別に僕は PSP(だけ)を応援している訳じゃないけど)。
[PR]
by fkmn | 2007-12-24 23:55 | ゲーム
【感想】スーパーマリオギャラクシー
スーパーマリオギャラクシー
Amazon.co.jp: スーパーマリオギャラクシー: ゲーム
スーパーマリオギャラクシー(公式サイト)

 良い意味で期待通りの出来。さすが任天堂は期待を裏切らない。

 ゲーム周りは、基本的にマリオ64を踏襲していて、最初からすんなり入り込めた。この辺は、マリオギャラクシーが凄いというより、10年以上も前にこのシステムを作り上げたマリオ64のスタッフが凄いというべきだろう。

ただ難点もいくつか。

その1:小さい星での操作がしにくい
 小さい星を歩いていると、すぐに天地が逆転してしまって、どっちにスティックを倒せばどっちに歩くのかがとても分かりにくくなってしまう。スティックの操作性を改善するなり、カメラを工夫するなりして欲しかった。

その2:カメラ操作がしにくい
 その1とちょっと重複するんだけど、カメラの操作に難あり。ふと視点を変えたくなった時に、カメラを操作できない事が意外と多い。それと、カメラを操作する為にはWiiリモコンの十字キーまで指をのばさないといけないのもマイナス。


 でも、まぁ、そんなのが気にならないくらい面白いのも事実(笑)。
[PR]
by fkmn | 2007-11-20 23:55 | ゲーム
【感想】ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

Amazon.co.jp: ゼルダの伝説 夢幻の砂時計: ゲーム
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(公式サイト)


 今回のゼルダは正統派。オカリナや不思議な帽子のような特別なアイテムも「ムジュラ」の「三日間システム」のような特殊なシステムもなく、至って普通。船での移動が多少特徴的なのかもしれないが、乗馬のような移動手段のバリエーションとなってしまって、あまりインパクトがない。

 攻撃補助のアイテムも、ブーメラン、爆弾、ハンマー、等々と、どこかで見たものばかり。当然、それらのアイテムを使って動かすギミックも、どこかで見たものになってしまっている。なので、やってて特に詰まる事もなく、すんなり終わってしまった。ぶっちゃけ、前転の仕方を発見するのに一番時間がかかった気がする(笑)。

 ま、そんなわけで、今回のゼルダには、マンネリ感を強く感じてしまった。

 どうせだったら、いっその事、ブーメランとか爆弾とか、今まで出てきたアイテムとギミックを全部禁止にして、完全に新しい「ゼルダ」を作ってくれないかなぁ。「燭台に火をつけたら扉が開く」とか、そういうものすら無しで。「リンクの冒険」復活とかもいいかもしれない。
[PR]
by fkmn | 2007-09-01 23:55 | ゲーム
【感想】ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔

Amazon.co.jp: ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔: ゲーム

DRAGON QUEST SWORDS(公式サイト)

 Wiiのゲームをクリアしたのは、これが初めてw。操作感(というかゲーム感?)が新鮮で面白かった。

 でも、ネットでの評判はあんま良くないみたい。というか、そもそも、みんなドラクエに期待しすぎな気もするけど。

 意見を眺めていて、目立ったものにちょっとコメントしてみる。

・ボリュームが少ない
 僕は7時間ぐらい(裏ボスを含めると9時間ぐらい)でクリアしたんだけど、体感アクションとしてはちょうど良い時間なんじゃないかと思う。これ以上長くされても、だんだん飽きてくるし。というか、最近テレビの前に長時間座るのがキツいので、これぐらいじゃないと、最後までプレイできないヨ・・・。

・ドラクエっぽくない(RPGっぽくない)
 そらそうだw。どう逆立ちしても、これはRPGではないよなぁ。完全な体感アクションゲームなのは、画面写真とか見ればすぐ分かるような気がするんだけど。ダンジョン(ステージ)が一本道なのも、アクションゲームだと考えれば納得できる気がする。

・操作性が悪い
 同意。町中の移動はかなりストレス。

・ストーリーが・・・
 これも同意。なんというか、もうストーリーとかとっぱらって、ゲーム部分だけでも良かったと思う。

 最後に、個人的にイヤンな部分。リモコンを振る方向が納得いかん。リモコンを振る時、リモコンの表(十字キーとかAボタンがついてる面)を上に向けたままにする必要があるんだけど、これが凄く不自然。縦に切るのが、剣の横っ腹で殴ってる気分。こればっかりは、なんとかして欲しかった。


 総評としては、最初から体感アクションだってのを認識できれば、結構楽しめるゲームだと思う。
[PR]
by fkmn | 2007-07-24 23:48 | ゲーム
無名関数をその場で実行
 ふと思ったんだけど javascript みたいに、無名関数をその場で実行できる言語って何かあるかなぁ?

 javascript の場合

var f = (function () {
return function() { return 1 + 2 }
})();
f(); //=> 3


 Perl なら do を使うと似たようなことが出来る。

my $f = do {
sub {
1 + 2
}
};
print $f->(); #=> 3


 Ruby とか Scheme でも出来そうな気がするけど、いい方法が思いつかないなぁ。何か思いついたら追記するかも。
[PR]
by fkmn | 2007-07-12 23:03 | ゲーム
「Desktop Tower Defense」に見事にハマった件
ハマると絶対に抜けられないFLASHゲーム「Desktop Tower Defense」おかげで睡眠不足です。 | その他(ライフ) | とりあえず、やってみる! | あすなろBLOG
今日は、ハマると絶対に抜けられない中毒性が高いFLASHゲームの紹介です。

ココから先は、とりあえず3日間ぐらい睡眠時間をなくしてもいい方のみお読み下さい。


現在、午前2時12分(*)。今から寝ます。。。

* 投稿日時は、バックデートしてます
[PR]
by fkmn | 2007-07-05 23:09 | ゲーム
【感想】ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング

Amazon.co.jp: ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング: ゲーム

公式サイト



 結構前にクリアしてたんだけど、感想を書くのを忘れていた。

 その名の通り、FF12からの派生作品。けど、ゲームシステムは、FF12とは全く違うものになっている。ジャンル的には、RTS (Real Time Strategy) が一番近い形かな?シミュレーションRPGと言ってもいいかも。

 で、まぁ、感想はというと、「簡単」 の一言につきますね。なんと言うか、歯ごたえが無い。この手のゲームって、やっぱりそれなりに戦略とかを考えるのが楽しいわけなんだけど、このゲームは特に戦略とかを考えなくても勝てちゃう。というか、敵がズルくないんだよね。「自陣のxxを先に壊した方が勝ち」というステージがあっても、全然そのxxを壊しにこない。だから、自陣を空にして全員で敵陣に乗り込んでも全く大丈夫とか、そんな感じ。

 なんというか、もうちょっと手応えが欲しかった、というよりも頭を使わせて欲しかったなぁ。戦闘も中盤あたりからワンパターンになってくるし。でもまぁ、FFの冠をかぶっていれば、これぐらいの難易度が当然なのかも。
[PR]
by fkmn | 2007-06-29 23:30 | ゲーム


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX