<   2005年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
物語の共通項
 野口 悠紀雄の”「超」文章法”を読んでいて、面白い記述を見つけた。曰く、冒険物語は共通のストーリー展開をする とのこと。「指輪物語」、「オズの魔法使い」、「桃太郎」や「西遊記」など、洋の東西を問わずに共通するストーリー展開の構造として、以下の5点が上げられている。
1、故郷を離れて旅に出る
2、仲間が加わる
3、敵が現れる
4、最終戦争が勃発する
5、故郷へ帰還する

 確かに、言われてみればそうだ。古今東西を問わず、定番となっている物語に共通のフレームワークが存在するのは興味深い。などと考えていたところ、「さて次の企画は」さんにも、同じような感じのエントリー (次世代の少年モノのストーリー展開の解題) を見つけた。こっちは、よりサブカルチャー寄りの視点で、現在から近い将来にヒットする (している) 作品の共通部分を洗い出している。注目すべき部分を引用する。
主人公は「白」と「黒」の少年が二人。主人公それぞれは先天的な天才で、深刻なトラウマを抱えているが、その主体を二つに分割し、ストーリーをツーマンセルで引っ張ることにより、90年代以降の「引き籠もり」傾向を回避しようとする。
具体例としては、「デスノート」「鋼の錬金術師」「Hunter×Hunter」が挙げられている。

 これも、なかなか鋭い洞察だと思う。本文やコメント欄では触れられていないが、実は「NANA」がこの特徴にズバリ当てはまってしまうのも面白い。”敵”というものを作りにくい少女漫画では、主人公二人を対比させながら物語を進めるという構造は、実はとても有効な手法なんだろうか? (他に少女漫画を読んだ事が無いから、一般的にどんな話が多いのかは知らないが。)

 んで、自分も真似して、「何かしらの物語集団から共通項でも見つけようかな〜」と考えてみましたが、何も見つかりませんでした  _| ̄|○ 。

2005/12/1 追記
せっかくなんで「さて次の企画は」さんにトッラクバックでも打ってみる。
[PR]
by fkmn | 2005-11-30 23:42 | 日記
24 SEASON1 見終わりました
 やっと、24のシーズン1を見終わった。1時間番組が24話っていうのは、見続けるのは結構大変な量だと思う。ただ、前半に展開の速い話を集めて視聴者を引きつけておいて、中盤あたりを少し静か目に進行させる話の展開方法は、さすが4作も続くだけあって考えられている。ただ、あまりにどんでん返しが続くので、次第に疑心暗鬼になってしまって、素直に話を楽しめない部分もあった。

 ラストはとんでもないエンディングなんだけど、ちまたの人たちはどう感じてるんだろうか?ハリウッド映画なんかじゃ、まず見た事無いエンディングだった。アメリカでは、テレビタレントと映画俳優には明確な線引きがあるみたいだけど、それと同様な線引きが作品自体にもあるんだろうか?
 
 とにかく、引き続きシーズン2、3、4と見ていく予定。
[PR]
by fkmn | 2005-11-29 23:24 | 日記
秋の鎌倉
 土曜日(11/26)に鎌倉へ紅葉を見に行ってきました。
 だけど、ちょっと時期が早かったようで、全体的には色づき始めといった感じ。そんな中、北鎌倉駅すぐそばの円覚寺は、きれいに色づいた葉が多くて見応えがありました。
[PR]
by fkmn | 2005-11-28 23:26 | 日記
Googleの魅力
 Googleが遺伝子検索(?)のプロジェクトを始めているらしい。

 なんだか最近のGoogleは、技術に裏打ちされた新しいサービスを立て続けに発表していて、とてもいい感じだ。と、考えていたら、himazu blogさんで「Googleのラリー・ページのミシガン大学卒業式でのスピーチ」というエントリーを見つけた。”Googleの共同創業者ラリー・ページが2005年5月にミシガン大学の卒業式でおこなったスピーチ”らしい。これを読むと、Googleが(ビジネスと技術の両方で)成功している理由がわかる気がする。面白かった部分を引用する。
 大きなことをするほうが小さなことをするより容易だ。変に聞こえるだろうが、本当に大きなことをしていると、他の人の助けが得られる。より多くの人が助けてくれる。必要な資源がより多く手に入る。だから、大きなことを世界を舞台に成し遂げることは考えるに値する。

 エンジニアとは科学者と科学を実際の物に適用して現実世界で物事を起こす人との組み合わせだ。それは素晴らしいことだ。
(中略)
 ちょうどGoogleのコンピュータと何百万人の利用者のように、君たち2・3人で、世界中の誰もが使い始め、生活を向上させたり、大きな影響を受けたりする何かを作り出すことができるのだ。

 Googleではイノベーションとリスクを強く奨励している。でも、それはなかなか自然には起こらない。特に会社の中では。そこで従業員全員に20%の時間を与えている。その時間は何でも一番やりたいことを自由にやるのだ。その中からイノベーションが生まれている。GmailもGoogle Mapsもそうやって生まれた。

 私からのアドバイスはこうだ。自信を持て。頻繁に失敗しろ。不可能に対して健全な疑念を持て。君たちにはエンジニアリング、テクノロジー、ビジネスの能力を活用して世界を変える大いなるチャンスがある。重要なことをしろ。楽しめ。さもなければ成功は望めない。旅をしろ。中国・アフリカ・インドがお薦めだ。そこには驚くべきことが沢山ある。


 卒業式で、こういうスピーチをしてくれる人がいる大学は素敵だ。僕は、母校の大学の卒業式に計2回(学部と修士)出たことがあるが、誰が何をスピーチしたなんてのは全く覚えてないなぁ。
[PR]
by fkmn | 2005-11-25 00:24 | ライフサイエンス
杉村議員に期待してしまう理由
 今、何かと話題の杉村太蔵議員だが、実は僕は密かに彼に期待していたりする。何がいいかと一言でいうと、素直で庶民派でそしてなにより若いということである。選挙に受かった日には大はしゃぎし、料亭に行きたいとか、BMWを買いたいとか言いたい放題である。でも、僕が同じ立場だったら、多分同じようにはしゃいでしまうだろう、ということを考えると、彼の言動にはあきれるというよりもむしろ親しみを感じてしまうのである。
 ただ、もちろん親しみやすさと政治的手腕は別物だ。僕が期待してしまうのは、もし20年後も杉村太蔵が議員として活躍していたら、ということを考えたときである。物事をなんであれ20年も続けたら、それは立派なプロだろう。そして、キャリア20年の杉村議員はまだ46歳である。なんだかそういう事を考えると、期待してしまうのである。

 で、ここでふと思ったが、現在の衆議院議員の平均キャリア年数って、何年ぐらいなんだろうか?50歳前後でキャリア20年なんてのが普通にいるとしたら、僕の期待も全くの的外れだ。今度調べてみよう。
 ちなみに小泉首相は、初当選が30歳(小泉純一郎 - Wikipedia)なので、杉村議員とあまり変わらないようだ。
[PR]
by fkmn | 2005-11-24 23:41 | 日記
休みの日は頭が働かない
 昨日もブログを更新しようと、Macの前に座ったのだけど、書きたいことが無い事に気がつく。仕事をしてる日は、何か気がついた事があれば、頭のどこかでそれを覚えていて、いざブログを書かんとするときにパッと頭に浮かんでくるんだけど、休みの日はどうもそうではないようだ。
[PR]
by fkmn | 2005-11-24 23:06 | 日記
久々の残業
 今日は、ソフトのエンハンスに関する打ち合わせ。実際にソフトを使っている人たちは、データがどのように取り扱われているかのイメージが無いので、気を使いながら話す必要があって少し疲れた。逆に、向こうからしたら、僕たちは「訳のわからない言葉をしゃべる人」のように映るのだろうか?

 会社に帰ると、別ソフトの仕様に関するメールが届く。メールに返信するために、21時ごろまで会社で作業。この時間まで残るのも久しぶりだ。周りを見ると、遅くまで残ってる人は朝も時間通りに来てる人で、フレックスで遅めに来た人はもういない。まぁ、そういう事らしい。
[PR]
by fkmn | 2005-11-22 23:18 | 日記
やっぱりブログはスゴイですよね
 5号館のつぶやきというブログの「やっぱりブログはスゴイかも知れない」というエントリーで、ブログを使ったコミュニケーションについて、いろいろと書かれている。筆者が先日行った「ブログ・コミュニケーション」という大学での講義と、その講義を実際に受けた人たちとのやり取りのようすがエントリーされているのだが、ブログが有効に利用されていて、ブログの可能性(というよりも有用性か?)を感じさせる。
 
 ブログというシステムが確立された事で、個人がWebを通して情報発信する垣根が格段に低くなった事は、今更確認する事でもないだろう。かって、Web上で何かを発信しようとした場合には、HPを作る以外に選択肢は無く、HPを作るには、HTMLタグの勉強から初めて、Web上のスペースの申請やFTPによるファイルのアップロードなど、障壁がたくさん存在する。あげくの果てに、できるものは、黒バックに黄色の文字で”○○のHPへようこそ”という文字が右から左に流れる、などというとても見られたものでないものが多かった気がする。デザインがこなれていないサイトはそれだけで見る気をなくすものだ。ところが、今はWeb上で手続きさえすませてしまえば、後は文章を打ち込むだけで、それなりに見栄えのするブログが簡単にできてしまう。

 結果として、今までWeb上では情報を発信しなかった人が情報を発信するようになってきていて、役立つ情報や目から鱗が落ちるような文章を目にする機会が増えた。
 例えば、5号館のつぶやきさんで紹介されている、真性引き篭もりさんの「愛は死んでいない」というエントリーがその一つだ。「愛のエプロン」というテレビ番組の紹介から始まって、物事の本質をついた主張をしている。そして、それは5号館のつぶやきさんが言うように、希望になるものである。以下に、ポイントを絞って引用する。
ご存じの通り、愛のエプロンが描き出す風景は常に「料理とは技術」という残酷な結果だ。料理というフィールドにおいて、他の一切は何の役にも立たない。

技術が全てなのは、なにも料理だけの話ではない。
即ち、全てのあらゆる物事の全ては、技術なのだ。

ブログにとって大切なのは毎日の更新であるとか、筆力であるとか、ユーモアであるとか、あるいは人間力である、などということをまことしやかに語る輩が居るが、それらは全てが嘘なのである。即ち、ブログあるいはブロガーに求められる能力というのは唯一にしてただ一つ、技術だけなのである。

 ブログというシステムが無ければ、この文章を目にする機会も無かったろうし、真性引き篭もりさん自身もこれを書く事は無かっただろう。そういう意味で、僕はブログというシステムに感謝したりもしている。

 と、ここまで書いたところで時間切れ。書き始めてから1時間近くたってるし、あまり頑張りすぎないのも「続ける技術」の一つだろうから。
[PR]
by fkmn | 2005-11-22 00:18 | IT
昔の日記もアップしていきます
 実は、一年ほど前から友達の自宅サーバーで日記みたいなものをつけてました。けど、そこのサーバーに最近つながらないので、こっちのブログに昔の日記をアップしていきます。ブログのシステムではなく、Wikiで書いてたんで、ちょっと変なとこもあるし、読み返すと表現がおかしいとこもあるけど、基本的には原文のままで再掲。
[PR]
by fkmn | 2005-11-20 23:32 | 日記
合格です
 今日はJavaの試験。みごと合格〜(パチパチ)。
 ちなみに点数は61問中46問正解で、75%の正答率。52%が合格ラインなので、まぁ点数とれた方なのかな?
 Oracle Masterの試験もそうだったけど、ベンダー資格の試験って問題に明らかな誤植が残っているのが多いんだよね。どうにかならないんだろうか?まぁ、試験が終わってしまえば、受験者も試験問題なんてどうでも良くなるだろうから、報告するような人間もいないんだろうけど(それ以前に、報告を受け付けるシステムがあるんだろうか?)

 帰りに、いつの間にかオープンしてた横浜のヨドバシへ行ってみる。昔、三越だったビルが全部ヨドバシになっていて、駅前からは結構目立つ。秋葉原店に次いで、2番目に大きいらしい。コンピュータ関係の本も割とたくさんおいてあったので、資格試験のとかはここで買った方がいいかもしれない(ポイントが返ってくるからね)。
[PR]
by fkmn | 2005-11-20 23:23 | 日記


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX