<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ジェームズ・D・ワトソンが自分のゲノム情報を公開するらしい
asahi.com: ワトソン博士、自分のゲノム公開 DNA構造発見者 - サイエンス(「www.textfile.org」経由)
 DNAの2重らせん構造を見つけ、1962年にノーベル医学生理学賞を受けた米国の分子生物学者ジェームズ・ワトソン博士(79)のDNAの全遺伝情報(ゲノム)が今月末に公開されることがわかった。28日発売の米誌ニューズウィークが報じた。だれのものか分かるゲノムが公開されるのは初めてだ。

生物ネタも、すごく久しぶりな気がするw。

ワトソンも、もう79歳なんだなぁ。もうちょっと若いイメージがあったけど。


で、ちょっと気になったんだけど、
だれのものか分かるゲノムが公開されるのは初めてだ。
これには、ベンターは含まれてないのかしらん?「セレラが公開したヒトゲノム情報には、ベンター以外の人間に由来するものも含まれてるよ」とかそういう事なんだろうか?

ググって見たらこんな記事が見つかって、そこには
ところが、セレーラ社の場合、ほとんどの解析データが、社長自らのデータだった、というのです。
とあるから、由来が明らかなゲノム情報が公開されるのはワトソンのものが初めて、というのはちょっと語弊があるような気がする。
[PR]
by fkmn | 2007-05-30 23:55 | ライフサイエンス
これからの時代に必要とされる能力のまとめ

 このところ、似たような話題が多いので、まとめてみた。

 共通しているのは、「変化に対応する能力(適応力、柔軟性)」が必要だっていうことと、「数学」は(廃れないから)身につけておけ、という事の2つ。

 「変化に対応する能力(適応力、柔軟性)」の前提条件として、「変化を認識する能力」も必要な気がするなぁ。じゃないと、対応のしようがないわけで。

 あとは、数学かぁ。うーむ、これはちょっと自信無い。数学本の一冊でも読んでみようかなぁ・・・。
[PR]
by fkmn | 2007-05-29 23:03 | 日記
結城さんの「コミュニケーションのヒント」

 さすが結城さん。どのエントリーもポイントをついてます。
共同作業者から成果物をもらったら、とにかく早めに「反応」を返しましょう。それから、少し時間がかかってもよいから「評価」を返しましょう。反応と評価は、良い仕事を続けるためにとても大切です。

 ホント、この辺については、最近ものすごく実感してます。なにはともあれ「反応」は欲しいですよね。ポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ。何の反応もないのが(つまりは無視されてるのと同じ状態が)一番つらい。
[PR]
by fkmn | 2007-05-28 23:33 | 日記
Web::Scraper を使ってみた
 遅ればせながら、使ってみた。

 練習ってことで、このブログ(http://fkmn.exblog.jp/)の各エントリのタイトルと本文をscrapeしてみる。

#!/opt/local/bin/perl

use strict;
use warnings;
use URI;
use Web::Scraper;
use Data::Dumper;

my $fkmn_post = scraper {
process 'div.POST_TTLTXT > strong > a',
title => 'TEXT';
process 'div.POST_BODYTXT',
body => 'TEXT';
result 'title', 'body';
};

my $fkmn = scraper {
process 'div.POST', 'posts[]' => $fkmn_post;
result 'posts';
}->scrape(URI->new('http://fkmn.exblog.jp'));

print Dumper $fkmn;

 おおおー、すごいわ、これ。便利便利。コールバック渡して、簡単に書けるのが素敵。しかも、みんな指摘してる通り、ソース短っ!
[PR]
by fkmn | 2007-05-27 23:06 | IT
【感想】世界樹の迷宮
a0057891_026074.jpgAmazon.co.jp: 世界樹の迷宮(特典無し): ゲーム

::: 世界樹の迷宮 :::(公式サイト)

 久々に出会った「骨のある」ゲーム。ここ最近、出るゲームはみんな簡単で、ちょっと物足りなさを感じていたんだけれども、そんな中、「世界樹の迷宮」はとても満足できる出来だった。

 もちろん、「世界樹」はただ難しいだけのゲームじゃあない。難しいからこそ成長する喜びを感じさせてくれるところが、「世界樹」良いところ。「出来なかった事が出来るようになる」、「倒せなかった敵を倒せるようになる」、「行けなかった場所に行けるようになる」、そんな基本的なゲームの醍醐味が味わえるのが嬉しい。簡単なゲームだと、なかなかこういう快感を味わう事が出来ない。

 B3Fのカマキリを倒せるようになったときは、結構嬉しかったなぁ。あと、ラスボス倒すのに躊躇したのも久しぶりだった(ゲームが終わってしまうのがもったいなかったので)。まぁ、ラスボス倒した後も、隠しの部分があるわけだけれども。そして、その隠し部分の難易度が鬼すぎて、未だ全部クリアできてなかったり(笑)。

 ただ、Wizardry的な3Dダンジョンのゲームなので、激しく人を選ぶとは思う。あと、なんだかんだでマイナーなゲームなので、人と話が通じなかったりとかね・・・。

 というわけで、最近のヌルゲーに辟易している人には、お勧めの一本。


 最後に、「世界樹」プレイヤー必見の Flash を置いておきます。
「えふおーいーとのそうぐう」
a0057891_0142964.jpg

[PR]
by fkmn | 2007-05-26 23:37 | ゲーム
svn の読み方
svn って言うのは、バージョン管理システム Subversion の略称、もしくはそのコマンドラインツールなわけでして、たぶん「えすぶいえぬ」とか、略さずに「さぶばーじょん」と読んでいる人が多いかと思います。

が、こないだ、妙な読み方をしている人を見かけました。

その人が svn をなんと読んだかというと・・・

「さぶん」


・・・差分?


なんだか、妙に納得。
[PR]
by fkmn | 2007-05-22 23:01 | IT
Radio SHARK 2 を衝動買い
■ Radio SHARK 2買ったので自動録音したい番組を列挙するよ - Hacking is believing@itoshi.tv (2007-05-19)
MacにUSB接続するラジオを買った.予約録音やリピート予約で自動録音してiTunesに登録できる.

そんな素敵アイテムが存在するなんて!

ついつい、衝動買いしてしまった。

つか、今でさえ聞ききれない Podcast がたまり続けているというのに、FM 放送まで聞く時間があるんだろうか・・・。
[PR]
by fkmn | 2007-05-21 23:41 | 日記
Rails を使ってみようと企んでいるところ
 スクラッチからWebシステムを作る案件があって、それに Rails を使ってみようかと企んでいる。Catalyst でも良いんだけど(というか、個人的には Catalyst の方が慣れているので、そっちでやりたい)、複数人数での開発に Perl はあんまり使いたくないので、今のところは Rails を使う方向で。

 ただ、周りには、Rails はおろか、Ruby を使っている人たちもいないので、とりあえず「JavaからRubyへ」でも読んでおこうかと思って近所の本屋に行ったら、売ってなかった罠。代わりに、「RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発」を買ってきた。

 DHH と NaCl の方の名前が入ってたので、これを選んでみたんだけど、部屋に帰って調べてみたら、Rails といえばこの本でいいらしい。「WEB+DB PRESS Vol.38」のRails 特集ではバイブルとまで書かれていた(p79)。

 で、第8章まで読み進めたんだけど、大体のところは Catalyst と同じ。まぁ、Catalyst が Rails を参考にしてるんだから、当然なんだけど。ただ、Rails の方が CoC を徹底しているという印象はある。逆に、レガシーなシステムに合わせる場合はどうするのか(どの辺までが、手動で設定可能なのか)気になるが、それはおいおい調べて行く予定。

 あと、はてブの注目の動画で変な動画を見つけたので、ご紹介。Apple の「Mac vs PC」のCM風の「Rails vs xx」なCM (?)。
a0057891_0373673.jpg


[PR]
by fkmn | 2007-05-20 23:02 | IT
鈍感力 = スルー力?
先日、本屋で「鈍感力」を見かけたときに、

「あぁ、鈍感力って、もしかしてスルー力のこと?」

と思った。

中を読んでないので、具体的にどんなことが書いてあるのか知らないけれど。


今頃こんなことを言っているあたり、我ながら結構なスルー力だと思う(笑)。

良いのか悪いのかは別にして。
[PR]
by fkmn | 2007-05-16 23:10 | 日記
広告における証取法
DoCoMo2.0は言うほどたいしたことないのでは?という証取法的考察:isologue - by 磯崎哲也事務所
この、「情報をすべて開示せずジラす」という手法、マーケティング上は面白いんですが、証券取引法的な観点からは、重要な事実は適時に開示しインサイダーな情報を元に証券の取引が行われないようにしなければならないのは当然。(中略)開示が必要かどうかは入念にチェックされたでしょうから、この新サービスの内容を開示していないということはすなわち、DoCoMo2.0と称するサービスは今後3年間は昨年度売上高の10%を超えるサービスにはならないと明確に予想されてらっしゃるはず、です。

 なるほど。専門家ならではの分析ですねぇ。というか、
証券取引法的な観点からは、重要な事実は適時に開示しインサイダーな情報を元に証券の取引が行われないようにしなければならない
というのが、広告にも適用されるもんだとは知りませんでした(恥)。
[PR]
by fkmn | 2007-05-15 23:23 | 日記


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX