<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ニコニコ動画のマイリスト動画から mp3 を抜き出して PodCast にする
 以前の config.yaml から FFmpeg に渡すオプションを変更しただけの、かなりやっつけな設定。


- module: Filter::FFmpeg
config:
dir: /Users/foo/Sites/
ext: mp3
command: /usr/local/bin/ffmpeg
encoding: utf8
option_string: '-acodec copy'

 FFmpeg を使って、flv から mp3 を抜き出す方法は、「計算機と戯れる日々」さんのエントリを参考にした。オプションに "-acodec copy" を指定してやればいい。
[PR]
by fkmn | 2007-10-31 23:55 | 日記
【感想】ローマ人の物語 迷走する帝国
ローマ人の物語 (12) -迷走する帝国
Amazon.co.jp: ローマ人の物語 (12) -迷走する帝国: 本: 塩野 七生

 今後のローマ人の物語文庫版は1年に単行本版1巻分のペースでの出版、ということで、そんなペースに付き合ってられなくなって、図書館で単行本版を借りてきた。残すは、今回の「迷走する帝国」を含めて4巻分なので、最後まで一気に読んでしまうつもり。

 ということで、第12巻の「迷走する帝国」の感想。


 この巻で述べられるのは、五賢帝時代を終え、いわゆる「3世紀の危機」と呼ばれる時代の話。苦しんでいるローマ人の皆さんには申し訳ないが、安定した五賢帝時代よりも、こちらの3世紀の危機の時代の方が、読者としては面白い。

 特筆すべきなのが、皇帝の入れ替わりの早さ。五賢帝時代は84年間で五人しかいなかった皇帝が、この時代は73年の間に22人の皇帝が入れ替わる。しかも、ほとんどが謀殺。皇帝がちょっと気に食わないとすぐに殺してしまう様子を見ていると、「皇帝の無駄遣い」タグでも張りたくなってくる。他にも、皇帝就任直後に老衰で死んだタキトゥスや、落雷で死んだカルスなど、この時期のローマは呪われていたんじゃないかという気にすらなってくる。

 ただ、いろいろな皇帝が登場するだけあって、中には面白い皇帝もいたりする。個人的には、見習いの訓練中に勢い余って大隊長までなぎ倒したマクシミヌス・トラクスなんかがお気に入り。

 他にも、帝国の三分割から再統合までの話も、なかなかに面白い。事態を収拾したアウレリアヌスの皇帝就任期間がもう少し長かったら、以後のローマも、もう少しどうにかなっていたような気がするのに、やっぱり謀殺されてしまう。ホントにもったいない。

 この巻を読むと、安定した治世の為には、指導者層が安定していることが必要だということがわかる(逆に、世の中が安定しているから指導者層も安定する、とも言えるのかもしれないが)。日本も、一人の総理大臣に、もう少し長めの時間をやっても良いんじゃないかなぁ。
[PR]
by fkmn | 2007-10-29 23:55 | 読書記録
iPod touch でニコニコ動画を見られるようにした
 先日の予告(?)どおり、iPod touch でニコニコ動画を見られるようにしました。基本的な作業ははこべにっき#さんのエントリほぼそのままなんだけど、最新版のFFmpegを使う時に若干ハマるところがあるんで、作業記録的なものをブログに書いておきます。

Plagger 周りの作業


まず、Filter::FetchNicoVideo と Filter::FFmpeg の diff を使って patch をあてる。

% patch FFmpeg.pm filter-ffmpeg.diff
% patch FetchNicoVideo.pm filter-fetch-nico-video.diff

次に、Filter::FFmpeg で使っている FFmpeg::Command というモジュールがあるので、それをインストール。

% sudo perl -MCPAN -e 'install FFmpeg::Command'


最後に、最新版のffmpegを使うにあたって config.yaml に、ちょっと変更が必要。それは後述という事で。

FFmpeg 周りの作業


【コラム】OS X ハッキング! (152) 早く来い! iPod with Videoの到着を待ちきれずにH.264エンコード(2) を参考に、各種エンコーダと FFmpeg をインストール。

x264 のインストール

svn co svn://svn.videolan.org/x264/trunk x264
cd x264/
sh configure --enable-pthread
make && sudo make install

FAAC のインストール

curl -O http://downloads.sourceforge.net/faac/faac-1.26.tar.gz
tar zxvf faac-1.26.tar.gz
./Bootstrap && ./configure && make && sudo make install

liba52 のインストール

curl -O http://liba52.sourceforge.net/files/a52dec-0.7.4.tar.gz
cd a52dec/
./configure && make && sudo make install

libtoolize のインストール
# faad2 のインストール (autoreconf の実行) に必要

curl -O ftp://ftp.gnu.org/gnu/libtool/libtool-1.5.8.tar.gz
tar zxvf libtool-1.5.8.tar.gz
cd libtool-1.5.8
./bootstrap && ./configure && make && sudo make install

FAAD2 のインストール

curl -O http://downloads.sourceforge.net/faac/faad2-2.6.tar.gz
tar zxvf faad2-2.6.tar.gz

# 以下の部分 (355行目) がコメントアウトされていたので、修正せずにそのままインストール
# //void mp4ff_track_add(mp4ff_t *f);

autoreconf -vif && ./configure --with-mp4v2 && make && sudo make install

FFmpeg のインストール
 最新版 (僕が使ったのは、"SVN-r10822") を使う場合、configure の設定がちょっとしたハマりどころ。--enable-codec ではなく --enable-libcodec という形に、エンコーダの指定方法が変更されている。他のオプションの設定については、configure スクリプトに "--help" オプションをつける事で確認可能(例、 ./configure --help)。
 configure がすめば、後は、make して、インストールするだけ。

svn checkout svn://svn.mplayerhq.hu/ffmpeg/trunk ffmpeg
cd ffmpeg
./configure --enable-libfaac --enable-libfaad --enable-liba52 --enable-libx264 --enable-pthreads --enable-gpl
make && sudo make install


これで、FFmpeg の用意は完了。

config.yaml の設定


 最後に、はこべにっき#さんの config.yaml をちょっといじる。

 FFmpeg をビルドする際に指定するエンコーダの名前が、上述のとおり "encoder" から "libencoder" に変更されているので、config.yaml の設定も、それに準じて修正。

 以下のように、Filter::FFmpeg の options_string について、"-vcodec libx264" と "-acodec libfaac" というように修正。

- module: Filter::FFmpeg
config:
dir: /Users/foo/nico
ext: mp4
command: /usr/local/bin/ffmpeg
encoding: utf8
option_string: '-y -threads 4 -s -r 29.97 -vcodec libx264 -g 250 -aspect -b 600 -level 13 -loop 1 -sc_threshold 40 -partp4x4 1 -rc_eq blurCplx^(1-qComp) -refs 3 -maxrate 768 -async 50 -acodec libfaac -ar 44100 -ac 2 -ab 128'

その他の部分は、そのまま。

あとは、plagger を実行して出来た feed を iTunes に登録して、iPod touch を同期させるだけ。

a0057891_22163667.jpg

わーい。
これで外出先でも「たぴ☆ぱん」を見まくれるけど、まだ中毒ではないな。
[PR]
by fkmn | 2007-10-28 22:24 | 日記
Toeic の目標点を発表して、自分にプレッシャーをかけるテスト
 ブログで目標点を発表したりすれば、ちょっとはやる気が出るかと思って、来月の Toeic の目標点を発表してみたいと思います。

 目標点は、ズバリ 860点 (クラスA)

 ちなみに、直近 (2007/7/22) のスコアは 790点です。あと 70点。
[PR]
by fkmn | 2007-10-25 23:55 | 日記
【感想】フェルマーの最終定理
フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
Amazon.co.jp: フェルマーの最終定理 (新潮文庫): 本: サイモン シン,Simon Singh,青木 薫

 まさかこの手の理系読み物で涙目になるとは思わなかった。まだ読んでいない人は、ぜひとも読んだ方がいい。

 本書で特にすごいのは、科学的興味を沸き立てる話題と感情に訴えかける話題が両立していること。数学的な話題に惹かれて読み進めていくと、いつの間にか話題は人間ドラマに移り、その人間ドラマに夢中になっているうちに、話題は数学へと移っていく。終盤のワイルズのくだりはなんとも言えない盛り上がりを見せる。いや、すごい。

 これはぜひとも、サイモン・シンの別の作品も読まなきゃいかん、ということで、今は通勤電車の中で「暗号解読」を読んでいる。
[PR]
by fkmn | 2007-10-23 23:55 | 読書記録
情報処理試験(ネットワーク)を受けてきましたが何か?
 今日は年2回の情報処理試験の日ですね。全国の SE と呼ばれる職業の皆さん、お疲れさまでした。風邪引いたり、体調崩したりしませんでしたか?(笑)

 僕もご多分に漏れず試験を受けてきました。「ネットワーク」の試験を受けるのも、もう3回目なので、そろそろ受かりたいんですが、手応え的には正直微妙です。まぁ、しばらくは忘れる事にします。

 というわけで、ここしばらく中断していた SICP をまた再開しようかな。と思ったら、来月に TOEIC が待っているので、そっちの勉強をしなければいけない罠。

あう。
[PR]
by fkmn | 2007-10-21 23:35 | 日記
iPod touch をやっと入手したんです
入手までのあらすじ
  1. Apple Store で予約する
  2. ポイント欲しさに Amazon で予約をし直す(Apple Store の予約はキャンセル)
  3. 9/28 iPod touch 発売。当然 Amazon からは届かない
  4. Amazon からお詫びのメール二通。いわゆる konozama 状態
  5. あきらめて Amazon の注文をキャンセル
  6. 先日のオープンバイオ研究会で、アップルストアに行ったついでに、iPod touch を購入
  7. 今に至る

というわけで、やっと iPod touch の UI を堪能できてます。
いや、いまさらですけど、凄いね、コレ。

それから、JailBreak 用ソフト「iJailBreak」がPPC対応したということで、「ネタフル」さんのエントリそこで紹介されていた動画を参考にしつつ、JailBreak。
a0057891_0303728.jpg


次は、この辺か、この辺を試してみようかな。
[PR]
by fkmn | 2007-10-20 23:55 | 日記
第7回オープンバイオ研究に行ってきました
オープンバイオ - 第7回オープンバイオ研究会

平日の開催だったんですが、会社の休みを取って行ってきました。久しく学会にもいってなかったので、こういうアカデミックな雰囲気は久しぶりです。

今回は、ビジュアライゼーション特集ということで、見た目から楽しい発表が多かったです。特に、E-Cell 3D のビジュアル的なセンスの良さには脱帽でした。

それから、知り合いが一人もいない(笑)という超アウェイにも関わらず、調子に乗って、懇親会にも顔を出させていただきました。楽しいひとときを過ごさせていただきまして、ありがとうございました >スタッフの皆様
[PR]
by fkmn | 2007-10-18 23:55 | 日記
おすすめ軽量言語診断
Lightweight Language AHP (「www.textfile.org」経由)

Lightweight Language AHP とは
30 個の質問に答えると、四大軽量言語 (Perl 、Python 、Ruby 、PHP) の中で最もあなたの価値観に合った言語を教えてくれる AHP のつもりです。

Lightweight Language AHP


 僕もやってみました。結果は、Perl (39%) > Ruby (30%) > Python (18%) > PHP (13%) ということで、かなり妥当な感じ。
[PR]
by fkmn | 2007-10-15 23:55 | IT
ネットワークとプログラムのそれぞれの階層性
 来週日曜日の情報処理試験(ネットワーク)に向けて勉強してたりします。

 ネットワークについて勉強してると、その階層性に感心しちゃいますね。各階層のパケットのカプセル化なんていうのは、SICP の 2.4 とか 2.5 あたりを彷彿させる部分が多いです。それぞれの階層のプロトコル同士で通信できるようにすれば、それより上位(あるいは下位)のプロトコルを意識する必要が「あまり」必要ない、ということが当たり前のように出来ているという事が凄いです。ま、その「あまり」というところが重要で、試験ではそうではない部分を聞かれたりするわけですが。

 こういう階層性(もしくはカプセル化)の設計部分は、自分でプログラムを書く場合にも参考になりそう。
[PR]
by fkmn | 2007-10-13 23:55 | IT


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX