<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
明日はRuby認定試験
対策問題をやってみたんですが、激しく落ちてしまいそうな悪寒・・・。
いや、マジで。


何人ぐらい受けるんだろうなぁ。

第一回の受験者数は47人だったらしいので、
今回も、そんなに数は多くないのかも。
[PR]
by fkmn | 2007-11-30 23:55 | 日記
iKnow! に登録してみました
http://www.iknow.co.jp/user/fkmn

英語学習によさげな感じだったので、登録してみました。

Dictation のスコアが、思った以上にのびなくて「You は shock!」。
[PR]
by fkmn | 2007-11-28 23:55 | 日記
Ruby のハッシュは、キーが存在しない場合のデフォルト値を変更できる
 Programming Ruby を始めから読んでいると、今まで知らなかった事がちょこちょこ出てきて面白い。

 一番面白かったのは、Ruby では、ハッシュキーが存在しない場合のデフォルト値を変更できる事。

 なにも指定しない場合は、ハッシュキーが未定義の場合は、nil が返ってくる。

hash = { }
p hash.has_key?(:foo) #=> false
puts hash[:foo] #=> nil

 空のハッシュを作成する時にデフォルト値を指定すると、未定義のキーに対しては、その値が返ってくる。

hash = Hash.new(0)
p hash.has_key?(:foo) #=> false
puts hash[:foo] #=> 0
hash[:foo] += 1
p hash.has_key?(:foo) #=> true
puts hash[:foo] #=> 1

[PR]
by fkmn | 2007-11-27 23:55 | IT
今日は TOEIC、来週は Ruby の試験
 今日は TOEIC を受けてきました。会場までのバスが、若い人ばっかりで、若干のアウェー感。というか、「若い」という言葉が素直に出てきた事に歳を感じる今日この頃です。

 勉強してたら、是非とも900点以上のスコアが欲しくなってしまったので、次回(1月)の試験も受ける予定。今回?多分、900はムリっす。


 で、来週は Ruby の試験。勉強しないとなぁ。

 つーか、試験受けてばっかりかも。資格マニアにならないように気をつけないと。


'07/11/27 追記
 NaCl の高尾さんからお知らせいただきましたが、Ruby 認定試験の対策問題に、問題が追加されているそうです。認定試験を受験される方は挑戦してみてはいかがでしょうか?
 http://projects.netlab.jp/ruby-test/question01.html
[PR]
by fkmn | 2007-11-25 23:49 | 日記
【感想】暗号解読
暗号解読 上巻 (1) (新潮文庫 シ 37-2)  暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)
Amazon.co.jp: 暗号解読 上巻 (新潮文庫 シ 37-2): 本: サイモン・シン,青木 薫
Amazon.co.jp: 暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3): 本: サイモン・シン,青木 薫

 サイモン・シンの前作「フェルマーの最終定理」があまりにも素晴らしかったので、ついつい買って読んでしまった。

 本書で扱われている内容は、「帯」にあるとおりカエサル暗号(シーザー暗号)から量子暗号までと幅広い。暗号技術の歴史を概観するのに過不足無い一冊だと思う。

 特に、Diffie-Hellman や RSA 暗号が、イギリスで独自に発見されていたという事は、本書を読んで初めて知って驚いた。その他にも、エニグマやらナヴァホ兵やら、いろんな話満載で面白い。

 サイモン・シンの取材力と文章力(そして訳者の翻訳力)は、本書でも健在で安心した。けれど、さすがに「フェルマーの最終定理」には負けるかな、というのが正直な感想。「暗号解読」は、小さなトピックの集まりで、全体としてのまとまりに若干欠けている。

 あと、明確な不満点が一つ。上下巻に分冊されてしまっているため、上巻の部分の補遺が、下巻に収録されてしまっている事。なので、上巻を読んでいて、補遺が示されている部分でそれを読もうとしても、読む事が出来ない。これは結構イライラした。上巻の部分の補遺は、上巻に収録してしまうか、そうでなければ、いっその事、分冊しないで欲しかった。
[PR]
by fkmn | 2007-11-24 23:55 | 読書記録
タイピングスピードさらし
 ちょっと頑張って 300 chars/min の大台を越えてみた。一個間違えてるのはご愛嬌という事で。
a0057891_163436.jpg


Speedtest - how fast are you?
[PR]
by fkmn | 2007-11-22 23:55 | 日記
【感想】スーパーマリオギャラクシー
スーパーマリオギャラクシー
Amazon.co.jp: スーパーマリオギャラクシー: ゲーム
スーパーマリオギャラクシー(公式サイト)

 良い意味で期待通りの出来。さすが任天堂は期待を裏切らない。

 ゲーム周りは、基本的にマリオ64を踏襲していて、最初からすんなり入り込めた。この辺は、マリオギャラクシーが凄いというより、10年以上も前にこのシステムを作り上げたマリオ64のスタッフが凄いというべきだろう。

ただ難点もいくつか。

その1:小さい星での操作がしにくい
 小さい星を歩いていると、すぐに天地が逆転してしまって、どっちにスティックを倒せばどっちに歩くのかがとても分かりにくくなってしまう。スティックの操作性を改善するなり、カメラを工夫するなりして欲しかった。

その2:カメラ操作がしにくい
 その1とちょっと重複するんだけど、カメラの操作に難あり。ふと視点を変えたくなった時に、カメラを操作できない事が意外と多い。それと、カメラを操作する為にはWiiリモコンの十字キーまで指をのばさないといけないのもマイナス。


 でも、まぁ、そんなのが気にならないくらい面白いのも事実(笑)。
[PR]
by fkmn | 2007-11-20 23:55 | ゲーム
【感想】ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
Amazon.co.jp: ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687): 本: 梅田 望夫

 これからの世代が進むべき道とその走り方を示した一冊。ウェブ云々よりも、もっと大きな視点の話として捉えた方がよい本かもしれない。

 今の時代は、言ってみれば、組織や個人のあり方が、イノベーションのジレンマ的パラダイムシフトを迎えている時代なのかもしれない。大企業のような大きな組織が持続的イノベーションだとすると、個人やオープンソースのコミュニティは破壊的イノベーションに喩えられる。

 特に、ニコニコ動画なんかを観ていると感じるのは、大企業が潤沢なリソースを費やして「作り上げる」ものより、個人が「作ってみた」ものの方が格段に面白い事。作品の進化がリアルタイムに見えるスピード感には何とも言いがたい感慨がある。もちろん、大企業の作ったものの方が従来的な意味での「質」は高いんだけれども、ツールによって個人と企業の差が埋まってきた今では、そういう「質」以外の部分が大事な気がする。

 そんな流れの中で、大組織は、小組織にその存在意義を問われる場面が多くなってくるんだろう。そういう意味では、大企業にいるにしてもそれなりのリスクに対する覚悟が求められるのがこれからの時代なんだと思う。

 一番怖いのは、「三十歳から四十五歳」という大切な時期を無自覚に過ごしてしまう事(p.189)。それだけは、絶対に避けたいと思う。
[PR]
by fkmn | 2007-11-13 23:55 | 読書記録
Filter::FetchNicoVideo にウェイトを入れてみた
 Plagger でニコニコ動画をダウンロード&変換できるようになったのはいいんですが、すでに変換済みの動画がローカルに大量にあったりすると、
短時間に多数のアクセスが発生
-> ニコニコ運営側に怒られる
-> 動画が(一時的に)ダウンロードできなくなる
という悲しい事態が発生してしまいます。

 ということで、動画がダウンロード済みの場合には指定時間待つように Filter::FetchNicoVideo を修正してみました。ちなみに、下記の otsune さんのエントリを、ものすごい勢いで参考にしています(笑)。
Publish::Twitterにウェイトをいれてみた - otsune's SnakeOil - subtech


--- FetchNicoVideo.pm.orig 2007-11-12 23:10:59.000000000 +0900
+++ FetchNicoVideo.pm 2007-11-12 23:26:20.000000000 +0900
@@ -78,13 +78,18 @@
$ua->get("http://www.nicovideo.jp/watch/$video_id");

#download flv file
- unless ( -e $path ) {
- my $req = HTTP::Request->new(GET => $enclosure->url);
- $context->log(info => "Fetching $video_id FLV File from " . $enclosure->url . "..." );
- my $res = $ua->request($req, $path);
- $context->log(warn => "Fetch FLV Error: $video_id" ) if $res->is_error;
+ if ( -e $path ) {
+ my $sleeping_time = $self->conf->{interval} || 15;
+ $context->log( info => "sleep $sleeping_time." );
+ sleep($sleeping_time);
}
-
+ else {
+ my $req = HTTP::Request->new(GET => $enclosure->url);
+ $context->log(info => "Fetching $video_id FLV File from " . $enclosure->url . "..." );
+ my $res = $ua->request($req, $path);
+ $context->log(warn => "Fetch FLV Error: $video_id" ) if $res->is_error;
+ }
+
#download xml file
if ( $self->conf->{download_comment} ) {
$path = File::Spec->catfile( $self->conf->{dir}, $filename . ".xml" );


 変更後の config.yaml はこんな感じ (Filter::FetchNicoVideo 部分のみ)。

- module: Filter::FetchNicoVideo
config:
mail: your@mailaddress
password: your_password
id_as_filename: 1
dir: /home/user/dir
interval: 30

 "interval" で待ち時間(秒)を指定します(デフォルトは15秒)。手元の環境だと、15秒ぐらい待てば、ダウンロード済みの動画が20個ぐらい続いても大丈夫。


 CodeRepos のコミット権を持ってないので、とりあえずブログに置いておきます。あとでコミット権もらおうかなぁ。
[PR]
by fkmn | 2007-11-12 23:55 | IT
Autohotkey が便利すぐる
 ぼへーっとブログの未読記事を整理している時に、
作業工程を革命的に変える七本のフリーソフトまとめ - 萌え理論Blog」というエントリが眼にとまった。

 この中で使ってないのは AutoHotkey ぐらいだなぁ、ということで会社の PC に AutoHotkey を入れてみた。

 結論から言うと、なんでいままでこれ無しで過ごして来れたのか、と思うぐらい便利。

 例えば、絶対に覚えられないようなアカウント名なんかを会社から割り当てられた場合。今までだったら、デスクトップの付箋に貼付けたり、IMEの変換に登録したりして入力する、というあまりスマートではない方法を取らなければいけなかった。でも、AutoHotkey を使えば、任意のキーストロークから文字列の自動入力を行う事ができる。

 例として、以下のようなスクリプトを書くと、
#f::send foo
Windowsキーと f を同時に押した場合に、foo というキーボード入力に変換される。

 他にも、キー入力からソフトを起動したり、複数の操作を1つのキー入力に割り当てたりできて、うはー夢がひろがりんぐ、ってな具合。

 AutoHotkey 用のスクリプトも色々紹介されているけれども、一番感動したのが、IME の ON/OFF を変換/無変換キーで切り替えるもの。Windows の日本語入力切り替えってトグル操作なので、日本語入力が On なのか Off なのかが、よく分からなくなるのが使ってて結構ストレスだった。でも、このスクリプトを使えば、変換キーを押せば日本語入力ON、無変換キーなら日本語入力OFFになるのが確実なので、混乱する事がない。

 ホント、もう AutoHotkey 無しでは、Windows の中で生きていけない。
[PR]
by fkmn | 2007-11-09 23:55 | 日記


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX