【感想】言語設計者たちが考えること
それぞれの言語について、文法に一通り慣れたぐらいの段階で読むと面白いし、その後の学習にも役立つ本だと思う。逆に、その言語について知っている事が無いと、その言語の章を読んでもあまり学ぶ事は無いだろう。僕に取っては、APL とか ML とかの章がそうだった。

通して読んで印象的だったのは、アインシュタインの「できる限りシンプルに、しかしシンプルにしすぎないように」という言葉が複数の人の口から出てきた事。やはり、シンプルさというのは、分野に限らず重要なことらしい。

それから Eiffel 作者の Bertrand の言葉をちょっと長いけど引用
プログラミングで問題なのは、科学と工学を組み合わせる事です。
(中略)
科学の場合は核心に迫る少数の概念が必要ですが、工学の場合は大量の細事、そのほとんどはあまり複雑ではないもののとにかく数が多いので、この大量にある細事に注意しないといけません。決定的な違いとは、片方が少数精鋭で、もう片方には大して難しくないものが大量に存在する事です。プログラミングには面白い事に、両方とも必要になります。
(p.459)

いままでの自分自身を振り返って考えると、プログラミングの科学的側面に興味が偏りすぎていたかもしれないと、ちと反省。


言語設計者たちが考えること (Amazon) (楽天ブックス)
Federico Biancuzzi
4873114713
オライリージャパン 2010-09-27
売り上げランキング : 3874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というわけで、めちゃくちゃ久しぶりのブログ更新でした。これからは、もう少し頻度をあげて更新するつもりですよ。
[PR]
# by fkmn | 2010-11-14 23:09 | 読書記録
【感想】フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
 料金を取らない事で大金を稼いでいる人がいる、ということは別に今にはじまった事ではない (民放テレビ/ラジオ局が良い例)。そんな手法がまた話題になっているのは、デジタル化の進展とネットワークの普及に伴って世の中のルールが変わりつつあり、その手法を適用できる範囲が広がっているからだ。

 そんな話を、実例を豊富に交えて論じているのがこの本。特に Yahoo と Google のメール対決の話なんかは面白かった。Yahoo がいまだにウェブメールで首位にいるのは、きちんとした戦略があったんですな。


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

4140814047
[PR]
# by fkmn | 2010-05-16 23:38 | 読書記録
帰省2010春
例年通り、GW は帰省してきます。

考えてみれば、転職してから初めて実家に帰るんだなぁ。
だからどうだというわけでもないけど。
[PR]
# by fkmn | 2010-05-01 14:26 | 日記
【感想】ガベージコレクションのアルゴリズムと実装 (アルゴリズム編)
日本語で書かれたものとしては初めての「ガベージコレクション (GC)」の本だそうです。
「アルゴリズム編」と「実装編」に分かれているうち、とりあえずアルゴリズム編まで読み終わったので、その感想。

GC の基本が一通り説明されていて、僕みたいな GC 素人でも、すんなりと読むことができた。それぞれのアルゴリズムや手法のメリットとデメリットも明記されていて、初心者にもやさしいつくり。

一方で、ちょっと不満だったのが、全体の構成、というか章立て。
第1章 GCを学ぶ前に
第2章 マークスイープGC(Mark Sweep GC)
第3章 参照カウント(Reference Counting)
第4章 コピーGC(Copying GC)
第5章 マークコンパクトGC(Mark Compact GC)
第6章 保守的GC(Conservative GC)
第7章 世代別GC(Generational GC)
第8章 インクリメンタルGC(Incremental GC)
という構成になってるんだけど、これだと基本的なアルゴリズム (マークスイープ、参照カウント、コピー GC) と、それに直交する概念 (保守的GC / 正確なGC、世代別 GC、インクリメンタル GC) が並記されてしまって、お互いの関係がちょっと分かりにくかった。他にも、「第6章 保守的 GC」 の中に、保守的 GC と正確な GC の説明が入っていたりするような細かい不満点もちらほら。GC Wiki はきちんとした構成になってるのに、本はなんでこんな構成になっているのかが疑問 (著者は一緒なのに、ねぇ)。

というわけで、次は実装編なわけですが、こっちは難易度が少し高めな感じ。読むのは少し時間がかかりそう。

ガベージコレクションのアルゴリズムと実装

ガベージコレクションのアルゴリズムと実装

関連ページ:
ガベージコレクションのアルゴリズムと実装|サポート|秀和システム
[PR]
# by fkmn | 2010-04-30 23:55 | 読書記録
【感想】Web を支える技術
Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)


 Web に関わる技術が、基本的なところから実践的に解説されている本。特に、HTTP、URI、HTML といった要素技術のそれぞれの関連が明確になっているところが、この本の良いところだと思う。「リンク」にこだわる筆者の面目躍如といったところだろうか。

 今まで何となくで済ませてきた内容を改めて知ることができたし、断片的だった知識が頭の中で整理されて、本書を読んで勉強する事はとても多かった。例えば、REST というアーキテクチャスタイルについて、繰り返し実践的な形で語られるので、読み終わった頃には REST の考え方が自然に受け止められるようになった。単純に知識的な点で言うと、Atom 周りは全然知らない話ばかりだったので新鮮に読むことができた。

 今後、Web に関わる人であれば、読んでおいて損はない、というか、読んでおかなければいけない本だと思う。


関連ページ:
Webを支える技術サポートWiki - qwik.jp/webtechbook
Togetter - まとめ「『Webを支える技術』編集後記+α」
[PR]
# by fkmn | 2010-04-18 22:58 | 読書記録


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX