「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ブログ ( 14 ) タグの人気記事
文章の中で括弧を付ける位置
 ブログが普及する事で他人の文章を読む機会が飛躍的に増えたこの頃、気になるのが、文章の中で括弧を付ける位置。

 例えば、以下のような括弧の付け方には、すごく違和感がある。
最近、ブログとかで人の文書を読む機会が増えましたよね。("最近" と言っても、ここ数年の話だけど。)それで、気になる事があるんです。
気になるのは、括弧書きが最初の文の句点(。)の後ろにある事。括弧内の文は最初の文を補足しているはずなのに、句点でその繋がりが切られてしまっている。結果的に、括弧内の文が二番目の文を補足するような形になってしまっていて、気持ちが悪い。

 出来れば、上の文章は、こんなふうに書いて欲しい。
最近、ブログとかで人の文書を読む機会が増えましたよね("最近" と言っても、ここ数年の話だけど)。それで、気になる事があるんです。
こう書くと、最初の文、括弧書き、2番目の文の対応関係が分かりやすくなる。

 括弧書きを先頭に置いて、2番目の文章を補足したければ、もちろん以下のように書く。
なかなか良い例文が思いつかないなぁ。(本当は、ちゃんとした例文を考えた方がいいのかもしれないが)とりあえずは、こんな感じの例文でお茶を濁しとくか(笑)。


 括弧の位置について言及した文章指針って読んだ事無いんだけど、みんな気にしてないのかなぁ?「理科系の作文技術」をパラパラとめくってみたら、やっぱり括弧書きは以下のような形で書いていたので、多分括弧の位置はこれで間違いないと思う(*)。
そのことを念頭において、こころみに2.4節「目標規定分」の各パラグラフの第1文をひろって並べてみよう(・・・・・・は展開部の文がつづくことを示す).
p. 64


* どうでもいいけど、今読み返してみると、意外に括弧書きが多いな、この本。
[PR]
by fkmn | 2007-07-07 23:32 | 日記
NHK「クローズアップ現代」のアルファブロガー特集
 最近、ブログ界隈で、アルファブロガーに言及したエントリーが目についていたので、何事かと思っていたら、NHK でブロガーの特集をしていたらしい。

 動画を上げてくれた方がいたので、そこから番組を見てみた。

解決不能 - クローズアップ現代 アルファブロガー特集の動画紹介

 紹介されている内容は、一応、知ってる事ばっかだったので、「アルファブロガーって、世間的には、こういう位置づけなのか」といった感じで見た。全体としては、よくまとまっているなぁ、という印象。普段見る事が出来ないブログの中の人の顔とかしゃべりを見る事ができて、そこが面白かった。

 それはさておき、動画はニコニコ動画で見たんだけど、再生人数が約300人しかいないってどういうことよ?w
[PR]
by fkmn | 2007-05-12 23:33 | 日記
アルファじゃないかもしれないけれど、お勧めのブログ
FPN-アルファブロガーを探せ 2006 のお知らせ

 FPNで、「日本のアルファブロガーを探せ」と銘打った投票企画が行われています。で、トラックバックしてるサイトで挙げられてるサイトを一通り見てみたんだけど、なんだか更新頻度の高さだけがウリのブログばっかのような・・・(毒)。確かに人気はあるんだろうけど、なんだかなぁーという印象。

 ということで、FPNのアルファブロガー企画とは別に、個人的にお気に入りのブログを紹介してみます(順不同)。

シロクマ日報
POLAR BEAR BLOG
 コンサルタントの小林 啓倫(こばやし あきひと)さんのブログ。ITのニュースに関する、その独自の視点にはうならされます。何気ない出来事に対しても、一歩突っ込んで考えてみるその姿勢は、ぜひ見習いたい。

FIFTH EDITION
 (たぶん)ゲーム業界で働くpal さんのブログ。ゲーム業界に関する深い知識と考察が興味深い。「一芸に秀でる者は多芸に通ず」の言葉通り、ゲーム業界に関して深く突っ込んだ内容は、他の業界に対しても十分応用が利くものだと思う。

吹風日記
 理系出身国語教師という MrJohnny さんのブログ。地に足の着いた論説の展開と、軽やかなネタさばきの絶妙なバランスが素晴らしい。

 と、こんなところでしょうか。


 あ、そうそう、2006年もラストスパートを迎えたこの時期に、キラ星のように現れた彼のブログも忘れちゃいけないと思います。

ルー大柴のキャッチキャッチキャッチ!
ディスイヤーは私にとって再チャレンジのファンデーション作りのイヤーだった。

[PR]
by fkmn | 2006-12-19 23:05 | 日記
【感想】ヒューマン2.0—web新時代の働き方(かもしれない)
a0057891_23453621.jpg
Amazon.co.jp: ヒューマン2.0—web新時代の働き方(かもしれない): 本: 渡辺 千賀

 知る人ぞ知る有名ブロガー渡辺千賀さんの本。渡辺さんのブログ「On Off and Beyond」の愛読者としてこれは見逃せないと思って、早速買って読んでみた。

 内容的には、ブログを紙に落とし込んだ感じ。人材が極度に流動化したシリコンバレーに住む人たちは、どのように働き、どのように生活しているのか。そんな感じの内容。

 いろんなシリコンバレーならではのお話が出てくるけど、やっぱりどこか「オトギバナシ」としてとらえてしまう自分は、シリコンバレーには向いてないんだろうなぁ、とか思ったり。1-2ヶ月ぐらい、お試しで体験してみたいという気持ちはあるけど。

 それにしても、タイトルの "(かもしれない)" が らしい というかなんというか(笑)。これだけで、本書の雰囲気を表現してしまってるナイスなタイトルだと思う。

 シリコンバレーでの仕事に興味がある人にはお勧めの一冊(かもしれない)。
[PR]
by fkmn | 2006-12-10 23:37 | 読書記録
「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトンに条件付き賛成
Life is beautiful: 「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトン

 「天下り」をなくす事には、もちろん賛成。天下り役人が、天下り先でろくな仕事をしない事が問題だという事もあるが、それと同じくらい問題なのが、「天下り」によって天下り先の若手の士気をとてつもなく下げてしまうことだと思う。

 聞いた話だが、業務時間中にフリーセル もしくは 寝る事しかしないような天下り役人もいるらしい。仕事の話をしにいっても、フリーセルからは目を離さないんだとか。そんな人間の(高い)給料を払わされるために働かされるのだったら、士気だって下がって当然だと思う。

 ただ、だからと言って「天下り」をなくすだけでは不十分で、それに変わるインセンティブを用意するのは必須だと思う。もちろん、中島さんの元のエントリーでもその点には触れられているけど、「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」というバトン名には「天下り」に代わるインセンティブについてはなにも触れられていないので、一応はっきりさせておきたい。

 この議員の発言は、「官僚は給料が安くても、不夜城と呼ばれる霞ヶ関でサービス残業で死にそうになっても、最後には天下りして甘い汁が吸えるからがんばっている」と言っているに等しい。
 これは正しい現状認識と考えていいんじゃないだろうか?

 友人・知人に官僚がいるので、彼らの激務っぷりがどれほどかは、聞いた事がある。国会開催時の彼らは、デスマに投入されたIT技術者のようなもので、日が変わる前に自分の部屋に帰れる事はないらしい。しかも、通常国会は150日間も続く。そして、これだけ働かされても、残業代は一切出ないとか。

 こんな状況で「天下り」だけを無くしてしまったら、産科の崩壊と同じ事が、国家公務員に対しても起こってしまいそうで怖い。

 ということで、「天下り」に代わるインセンティブを必ず用意するという条件付きで、「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトンに賛成。
[PR]
by fkmn | 2006-12-08 23:29 | 日記
このブログがすごい!
吹風日記 - 「ぱふぱふ」はなぜ消えたのか、聞こえない音、エロい日本のドラクエ
ドラゴンクエストがアメリカに移植されたとき、さまざまな修正が行われました。それをつぶさに調べていくと、ドラクエというゲームに隠れた「日本的なもの」の姿が浮かび上がってきます。今日は、我々を包囲する見えない文化について考えます。

 以下、勝手に要約

 養老孟司の言う「日本のRPGに含まれる日本文化的要素」とは何か?
→RPG が海外に移植されたときの修正点に注目してみよう
→「ぱふぱふ」がカットされた
→「ぱふぱふ」という音の魅力
→日本語の擬音語と擬態語の豊かさは素晴らしい
→日本でRPGがはやるのは、その識字率のせい?
→見えない日本的価値観
→結論:『アメリカ人は、直ちに「ぱふぱふ」の魅力を知るべきです。』

 要約してみたら、なんだかアレな感じになってしまったw。こんな要約では伝えきれない愉快な文章なので、上記のエントリーは必読です。


 優れた書き手というのはまだまだいるもんだなぁ、と再認識。上記のエントリー以外にも「吹風日記」さんには、センスあふれるエントリーばっか。いつかこういう文章が書けるようになりたいなぁ。
[PR]
by fkmn | 2006-11-09 23:44 | 日記
ブログ一周年
 気づいてみれば、このブログを始めてから、もう一年経つ。よく続いたもんだなぁ、と我ながら関心。

 この一年で書いたエントリーの数は、260件。下書き状態のものもカウントされているので、実際に公開されているエントリーの数はもうちょっと少なくなる。

 せっかくなので、僕が実践してるブログを持続させるためのちょっとしたコツを公開。
  1. 頑張らない
    • これが、最も重要!w 気が乗らないときは書かない。無理して書こうとするとストレスになって、そのストレスでますます書きたくなくなるという悪循環に陥る恐れあり。

  2. 習慣づける
    • ブログを書く時間をあらかじめ決めておいて、時間になったらアラーム等がなるようにする。僕は、iCal で毎日23時にアラームがなるようにセットしてます。

  3. ネタ帳を作る
    • 思いついたネタをいつでもメモ出来て、そのメモをどこでも見れるようにしておく。僕は、check*padをネタ帳として使ってます。

 方向性としては、ブログを書く事がなるべくストレスにならないように、といった感じ。

 というわけで、これからも頑張らずに続けていきますw。どうぞよろしく。
[PR]
by fkmn | 2006-11-07 23:10 | 日記
はてなブックマークカウンターで遊んでみた
機能変更、お知らせなど - はてなブックマーク日記 - (開発者さま向け) 特定サイトの被はてなブックマーク数を取得する XML-RPC API の公開について

 という事で、特定サイトの被はてなブックマーク数を取得するAPIが公開されたとたんに、ハッカーの皆さんがそれを使って色々なものを作ること、火の如し。
 とりあえず、僕も試してみた。

 このブログの被ブックマーク数 = この日記のはてなブックマーク数
 10/4現在のブックマーク数は 78 。

 で、この数を、弾さんが作ったランキング(10/4現在)に照らし合わせてみると・・・
a0057891_0584764.gif


 なんと 蒼井そら と互角!w しかも、そのすぐ上に控えるのは インリン・オブ・ジョイトイ というセクシーワールドに紛れ込んでしまったw
 やっぱり、僕のセクシーさが、ランキングにも表れてしまうんだなぁ ← ツッコミ不可
[PR]
by fkmn | 2006-10-04 23:33 | IT
ブログ運営に関する著作権
「ブロガーのための著作権講座」(asahi.com :てくの生活入門 - be-business) (「5号館のつぶやき」さん経由)

 こういう明確な指針を示してくれるとありがたい。自分でも気をつけているつもりだけど、やっぱり不確かな部分っていうのはあるわけで。

 冒頭に三カ条が挙げられているので、引用。
三カ条一、記事の掲載は「公正な引用」の範囲内で二、家族・友人でも写真掲載には許可が必要三、マンガのキャラクターなどの掲載は不可

 とりあえず、このブログの場合は、この三カ条に反するようなものは無いので大丈夫そう。「公正な引用」っていうのが、どの程度のものを指すのか若干疑問が残るけど。


 で、著作権を侵害しないための対策はこれでいいとして、著作権を侵害された場合ってどうすればいいんだろうか?他人のブログにエントリーをまるまる転載された、って事件も無いわけではないし、最近では、マスコミがブログの記事を無断引用する、または引用した事は断りがあっても、引用元を明記しない事も多い。

 せっかくWeb上に自分の文章を公開するんだから、ブロガーは、自分の著作権を守る方法に付いても、考えておく必要があると思う。

 ただ、対策と言っても、今思いつくのは、「著作権侵害をネタにエントリーを書く」ぐらいのものしか無いけれど(9/18 追記)。
[PR]
by fkmn | 2006-09-18 22:58 | 日記
ブログに双方向性なんて無いのかもね
 金曜日の会社の飲み会で、「実はブログ見てるよ」みたいな告白を数人に受ける。僕のブログだと知って読んでいながら、僕には何も言ってこない人っていうのは、意外に多いらしい(単に言いそびれているだけなのかもしれないけど)。実は、上司とか、同じ会社の別の部署の人とか、お客さんとかにも読まれてたりして・・・、とか考えると、微妙に不安になってみたり。

 そんな状況を鑑みると、「ブログには双方向性がある」とか言われても、なんだかなーと思ってしまう。トラックバックとコメント欄を根拠に「双方向性がある」って言われてるんだろうけど、トラックバックなんてブロガー同士じゃないと使えないし、コメント欄だって従来の掲示板みたいなシステムと何も変わらない。

 ブログは、Web上で発信者になる敷居を下げはしたけど、書き手と受け手の構図を変えるところまでは出来てないよねって、なんか今更な事を考えてしまった(笑)。


 それから、そもそも自分が読んでる事を知られたくないって人もチラホラ。proxy を3つぐらいはさまないと Yahoo すら見られないって病的な人もいたw。このブログもアクセス解析を付けているけど、興味があるのは、どのページが読まれているかであって、どこからアクセスされたかっていうのは、基本的には見ていません。なので、あんまり神経質にならないでくださいなw。
[PR]
by fkmn | 2006-09-17 00:07 | 日記


とあるWebアプリケーションエンジニアの日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
リンク
検索
タグ
最新のトラックバック
プログラミングが「出来る..
from とりあえず9JP?
Genographic ..
from ナンジャモンジャ
ジュセリーノ
from ありの出来事
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
以降、丁寧語で行こう!
from エッセイ的な何か
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

fkmnの最近読んだ本 フィードメーター - フッ君の日常 あわせて読みたい AX